【ネタバレなし】「レスポンダー夜に堕ちた警官」について知りたい!キャストは、そして見どころは?

この記事では、ドラマ「レスポンダー夜に堕ちた警官」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「レスポンダー夜に堕ちた警官」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「レスポンダー夜に堕ちた警官」とは

「レスポンダー夜に堕ちた警官」キャスト

クリス・カーソン(警察への通報に最初に対応する”レスポンダー”、パトロール警官):マーティン・フリーマン
レーチェル・ハーグリーヴス(新人警官、急遽クリスとコンビを組むことに):アデラヨ・アデダヨ
カール・スウィーニー(クリスと旧知の仲、麻薬の売人):イアン・ハート
ケイト(クリスの妻):マイアンナ・ブリング
ティリー(クリスとケイトの娘):ロミ・ハイランド・ライランズ
ジューン(クリスの母、重病を患っている):リタ・トゥシンガム
ケイシー(カールの麻薬を持ち逃げした少女、中毒者):エミリー・フェアン
レイモンド・”レイ”・マレン(クリスの元同僚):ウォーレン・ブラウン
リン・レンフリュー(クリスのセラピスト):エリザベス・ベリントン

「レスポンダー夜に堕ちた警官」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:ローレンス・ボーエン、クリス・キャリー、マーティン・フリーマン 他
プロデューサー:トビー・ブルース、スーザン・ダン、チャーリー・グリーンスタイン 他
監督:ティム・ミーランツ、フィン・トローチ、フィリップ・バランティーニ
脚本:トニー・シューマッハ
撮影:ヨハン・ヒューリン・エイト、マシュー・ルイス
音楽:マシュー・ハーバート

「レスポンダー夜に堕ちた警官」の概要

「レスポンダー夜に堕ちた警官」は、2022年1月24日よりイギリスBBConeにて放送された警察ドラマです。

本作の原案は、マージーサイド警察で実際に“レスポンダー”を務めた経験を持つ小説家トニー・シューマッハさんが考えたもの。

 

“レスポンダー”とは、警察への通報に初期対応する役割をする人のことを言います。

本作では、“レスポンダー”として警官を務めながら麻薬の売人とかかわりを持ち、危機に陥っていく警官クリス・カーソンの姿を描きました。

 

肉体的にも精神的にも、あまりにもハードな夜勤警官。

正義と心の病のはざまで苦悩するクリスを、マーティン・フリーマンさんがシビアにワイルドに演じました。

 

警官という職務からくる多大なストレスで心を病んでしまう人もいるなか、原案者のトニー・シューマッハさんも警官時代にパニック発作を起こしたといいます。

ボロボロの精神状態になり辞職に追い込まれた経験が、クリス・カーソンに重ねられていると思うのです。

 

元レスポンダーのクリエイターが、自らの経験をもとに作り上げたハードな警察ドラマ。

その悲惨な実態は、見る人の心に刺さるものとなりました。

 

2022年3月下旬、シーズン2に更新されたことが発表されています。

スポンサーリンク

「レスポンダー夜に堕ちた警官」のあらすじ


(シーズン1 第一話「ケイシーを捜せ」より)

 

最近、検査官からパトロール警官に降格された“レスポンダー”クリス・カーソン

夜勤仕事で極度のストレスを抱えていたクリスは、セラピーに通う日々でした。

 

ある日旧知の麻薬の売人カールから、ケイシーという麻薬中毒の少女を捜すように頼まれます。

クリスは渋々ケイシーを捜索、見つけましたがすぐに彼女を解放しました。

 

そんななかでも次々に事件の通報があり、対応に追われるクリス

ところがカールは何度も電話をかけてよこし、ケイシーのことを問いただしました。

 

いら立ちながらも再びケイシーを発見したクリスは、彼女が危機的な状況にあることを知ります。

カールに借金があるうえ、彼の売り物である麻薬を盗んだと言うのです。

 

クリスケイシーに、町を去るように頼んだのですが…。

スポンサーリンク

「レスポンダー夜に堕ちた警官」の見どころ


本作は犯罪を扱ったドラマでありながら、さまざまな人々がかかわり合う姿を描いたものであると思います。

肉体的・精神的に問題を抱えた人たちがどうやってそれを乗り越えていくのか、それをあらわしているのでは。

 

劇中では、誰が善人で誰が悪人なのかを決めつけていません。

そこにいるのは、ただただ「自分に課せられた運命を生き抜くために葛藤する人」なんですね。

 

登場するキャラクターが抱える闇の部分はそれぞれ違いますが、どのキャラクターもリアリティがあり見るごとに作品に引き込まれていきます。

 

例えば主人公クリス・カーソン

彼は警官でありながら、麻薬の売人カールとの付き合いを断とうとはしません。

 

旧知の仲、と言いましたが、もしかすると学生時代からの友人なのかもしれませんね。※物語のなかでは詳しい表現はありません

 

いらない詮索をせず、余計な質問もせず。

クリスカールは、仕事の内容で相手を決めつけることなどしないのだと思われます。

 

自分の利益や社会的立場に反する関係性であったとしても付き合いを続けていけるのは、現実世界でもあるものですよね。

人間関係の複雑さを、実にうまく表現していると思いました。

 

またクリス・カーソンは、警官としては強いですがひとりの人間としては崩壊しつつあります。

それは心を病み、家族やセラピストにも真実の自分を話せないクリスは、本当はとても繊細な人物であると思うからです。

 

心のなかを見せまいと相手を問わず限度を超えた暴力をふるうクリスには、強さと弱さが同居しています。

その二面性を、マーティン・フリーマンさんはみごとに演じ切りました。

 

この“クリス・カーソン”という人物はマーティン・フリーマンさんだからこそ、これほどのリアリティを持って画面に存在しているのだと思います。

スポンサーリンク

「レスポンダー夜に堕ちた警官」みんなの感想は?

スポンサーリンク

「レスポンダー夜に堕ちた警官」についてまとめ

ストーリーが好きか嫌いかにかかわらず、出演者たちの演技は称賛されるべきものです。

特にマーティン・フリーマンさんには、感動すらおぼえました。

 

また本作は、ありきたりの警察ドラマではありません

現在のイギリス警察の暗部をまっすぐに取り扱った内容は、フィクションと言いながらも力強く訴えていると思います。

2022年9月10日(土)、スターチャンネルにて第1話先行無料放送!
スポンサーリンク

海外ドラマ好きなあなたに

海外ドラマをたくさん見たいけど、何かいい方法はないかなぁ。



そんなあなたにオススメなのは、スカパー!です♪

スカパー!は、海外ドラマに特化したチャンネルが盛りだくさん!

例えば「スターチャンネル」「スーパー!ドラマTV」「AXN海外ドラマ」「AXNミステリー」「FOX」など、ヒット作満載の海外ドラマ専門チャンネルがあるんです!

あなたが見たいチャンネルを、1チャンネルから視聴することができますよ!

 

もちろん、1チャンネルだけではなく1,980円/月(税込)48チャンネルのなかから好きな5チャンネルをセレクトできる「スカパー!セレクト5」や↓↓



 

初回視聴料が1,980円(税込)11ジャンル50チャンネルが見放題!
しかも、1台分の料金でテレビ3台まで視聴できる超お得パック「スカパー!基本プラン」も!↓↓



・番組をご自宅のレコーダーやDVDに録画したい!
・ご自宅のテレビで見たい!
・すぐ見たい!  

ドラマ・映画・スポーツ・バラエティも!あなたの「見たい!」をかなえます♪

詳しくは、「スカパー!かんたんナビ」をチェックしてね!→→【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

テキストのコピーはできません。