【ネタバレなし】「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」はおもしろい?

この記事では、ドラマ「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

いつでもどこでも、好きな作品をフルに楽しめるオススメの動画配信サービスもご紹介!

好きな時間・好きな場所でお気に入りの作品を楽しめます♪

 

定額制の動画配信サービスは、配信作品数もたくさん!

 

今まで知らなかったような作品から、懐かしの名作まで。

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」はもちろん、それ以外にも、きっと見たい作品が見つかりますよ!

 

しかも公式の動画配信サービスは、とても高画質

ウィルス感染の心配などもまったくありませんので、安全に作品を見られます!

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」について詳しくご紹介します!

(※ ここでは動画を視聴できる、ゼミル&パウルのコンビのシーズン22をご紹介しています)

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」とは

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」キャスト

ゼミル・ゲーガン(ドイツ陸軍→高速警察隊警部):エルドゥアン・アタライ
パウル・レナー(主任警察官、ゼミルの8代目の相棒):ダニエル・ローズナー
ジェニー・ドルン(女性警察官):カトリン・ヘス
スザンヌ・ケーニッヒ(秘書):ダニエラ・ウッテ
フランク・シュトルテ(主任警察官、かつてのゼミルの相棒):ヨハネス・ブランドラップ
アンドレア・シェーファー(元秘書、ゼミルの妻):カリーナ・ウェイリス
ダナ・ゲーガン(ゼミルの娘、警察官):ギツェム・エムレ

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」スタッフ

監督:ラルフ・ポリンスキー、ニコ・ザベルバーグ
脚本:マーク・ヒルフェルド、ラルフ・ルランド

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」の概要

本作は、ドイツを縦横に走る高速道路「アウトバーン」を舞台に、高速警察隊の刑事たちの活躍を描いたアクションドラマです。

高速機動警察のコードネームは「コブラ11」。

 

トルコ生まれのドイツ人ゼミル・ゲーガンと、スポーツマンのパウル・レナーがコンビを組んで

殺人・車の密輸・麻薬取引など、危険な捜査や凶悪犯罪に立ち向かいます。

 

本作はドイツで1996年にシーズン1が公開されてから、現在に至るまで全25シーズンが放送されました。

 

CGを使わない臨場感あふれるカースタントは人気が高く、スタント界のアカデミー賞最優秀アクション賞も受賞。

国民的ドラマと言えるものとなっていました。

 

しかし2021年8月、第25シーズンを最後にストーリーは完結。

今後はドラマ・シリーズではなく、アクション映画として製作が続行されるそうです。

 

主人公ゼミル・ゲーガンを演じるエルドゥアン・アタライさんは、1996年放送のシーズン1の第2話から登場。

それ以来25年に渡って、高速警察隊の刑事役を務めてきました。

 

そして8代目の相棒に抜擢されたのは、ダニエル・ローズナーさん演じるパウル・レナー

まったく性格の違うふたりがどんな捜査をするのか、注目してください!

 

また本作は、BMWメルセデス・ベンツキャデラックロールスロイスなどの高級車を、惜しげもなくぶっ壊します。

主人公ゼミルに至っては、「ほぼすべてのエピソードでシルバーの3シリーズBMWを破壊した」とのこと。

 

犯罪も無制限、追いかける刑事たちもスピード無制限。

ドイツの「アウトバーン」ならではの究極のカーチェイスとクラッシュを、存分に楽しみましょう!

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」のあらすじ

(シーズン22 第一話「不意に来る死」より)

 

高速警察隊でコンビを組む、ゼミルパウル

 

ある日パトロール中のふたりは、女性が狙撃手に狙われているところに遭遇し、彼女を救出します。

女性の名前はニーナ・ベルグマン

 

娘のミリアムとともに車を走行中、何者かに狙われたということでした。

 

実はニーナ、この事件の前にある国際会議に通訳として出席していました。

あやしい男たちが話しているのを、ニーナは偶然聞いてしまったのです。

 

狙撃手に狙われたのは、ニーナが男たちの会話を耳に挟んでしまったことが原因でした。

 

助け出したにもかかわらず、再びニーナに命の危険が迫ります。

 

ゼミルパウルは、ニーナたちを守ることができるのでしょうか…。

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」の見どころ

本作は25年も、ドイツ国民に愛され続けてきた名作ドラマです。

 

またアメリカ・イタリア・アルゼンチン・ポルトガルなど世界120ヶ国で放送され、世界各地にファンがいます。

もちろん日本でも2008年から2010年ころに渡って各放送局で公開され、多くの視聴者を獲得しました。

 

主人公ゼミル・ゲーガンは、山路 和弘さんや大塚 明夫さんらが吹き替えを担当。

「見た記憶がある!」という人も多いかもしれませんね。

 

本作の魅力は、なんと言ってもカーアクションの激しさ。

そして爆発やカーチェイスのシーンがすべてCGなしで撮影され、なんの躊躇もなく吹っ飛ばすところです。

 

アクションシーンはとても精巧に撮影され、みごとな演出です。

番組を製作したのはドイツのRTLですが、本作はそのなかでももっとも製作費がかかったドラマだそうです。

 

カーアクションが激しい刑事ドラマは日本でもありましたが、本作はドイツ「アウトバーン」が舞台。

速度無制限道路ですから、スピード感がまったく違います。

 

凶悪犯に真っ向から立ち向かうゼミルパウル、そしてコブラ11のメンバーたち。

目が離せなくなってしまうことうけあいなんです!

 

主人公ゼミルは、警察官になる前はドイツ陸軍に所属していました。

ですから車だけではなく、戦車の知識も豊富です。

 

実は最初からキャラクターがいたわけではなく、シーズン1第2話で初登場しました。

殉職した刑事のあとを継いだ形で、高速警察隊にやってきたんですね。

 

それ以来、彼が負う役割は大きく不可欠なものになりました。

 

これまでの間ゼミルの相棒は9人いましたが、本作のパウルはそのなかの8代目です。

 

ゼミルは警察官になることを父に反対された過去を持ち、影をたたえた人。

一方パウルはウォータースポーツが大好きな、現代風の若者です。

 

性格も生き方もまったく違うふたりですが、息の合った捜査ぶりをぜひ見てくださいね。

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」についてまとめ

25年も続いたドラマ・シリーズが終わってしまうのは、とても寂しいですね。

 

しかし日本では未公開のシーズン25では、ゼミルの相棒が初めて女性になりました。

そして高速警察隊のメンバーも、ゼミル以外はほぼすべて交代したそうです。

 

コブラ11チームは、大幅に再設計されたんですね。

 

本作も、新しい時代の波に乗ろうとしています。

 

2022年にはスペシャル版として、90分の作品が放送される予定とのこと。

日本で見られるのを、楽しみに待ちたいと思います。

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」をフル動画で見るには?

この作品を全篇見たいけど、どうしたらいいかしら…。

「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

 

なかでもおすすめなのは、31日間の無料トライアルがあるU-NEXTです♪

 

 

U-NEXTがおすすめのポイントは?

  • 動画24万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年10月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 無料期間後は月額2,189円(税込)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
  • ジャンルが充実!
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。
U-NEXTで、安全に「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」を視聴しましょう。

 

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。
「アラーム・フォー・コブラ11/アウトバーン・コップ」見るならU-NEXTで!

 

 

本ページの情報は2021年11月1日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。