【ネタバレなし】「そして誰もいなくなった」(2015年イギリス)の見どころについて考察!

この記事では、ドラマ「そして誰もいなくなった」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「そして誰もいなくなった」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「そして誰もいなくなった」とは

「そして誰もいなくなった」キャスト

オーウェン夫妻(兵隊島の持ち主、8人を招待した):???

以下、亡くなった順番に記載↓↓

アンソニー・マーストン(軽薄なお坊ちゃん、交通事故で2人の子どもの命を奪った):ダグラス・ブース
エセル・ロジャース(雇われた料理人、トマスの妻、夫と共謀して遺産を得るために前の雇用主を殺害した):アンナ・マクスウェル・マーティン
ジョン・マッカーサー(退役軍人、銃で妻の愛人の命を奪った):サム・ニール
トマス・ロジャース(使用人、エセルの夫、過去の雇用主殺害の犯行を主導した):ノア・テイラー
エミリー・ブレント(信仰に熱心な老婦人、元メイドの娘を侮辱し死に追いやった):ミランダ・リチャードソン
ロレンス・ウォーグレイヴ(判事、金を奪うため娼婦の命を奪った):チャールズ・ダンス
エドワード・アームストロング(医師、酒に酔った状態で手術を行い患者を死に至らしめた):トビー・スティーブンス
ウィリアム・ブロア(巡査部長、同性愛者を厳しく非難し死に追いやった):バーン・ゴーマン
フィリップ・ロンバート(元陸軍大尉、ダイヤモンドを得るため現地の人の命を奪った、島への列車でヴェラと出会い惹かれ合う):エイダン・ターナー
ヴェラ・クレイソーン(家庭教師、教え子を溺死させた、紹介所で秘書の仕事を紹介され島へやってきた):メイブ・ダーモディー

「そして誰もいなくなった」スタッフ

製作総指揮:ヴェロニカ・カスティーヨ、ジュリエット・ハートリー、エマ・ジュアネ 他
プロデューサー:アビ・バッハ
監督:クレイグ・ヴィヴェイロス
脚本:サラ・フェルプス
撮影:ジョン・パーデュー
音楽:スチュアート・アール
原作:アガサ・クリスティー 「And Then There Were None」

「そして誰もいなくなった」の概要

「そして誰もいなくなった」は、2015年12月26日よりイギリスBBConeにて放送されたミステリースリラー・ドラマです。

 

本作は、“ミステリーの女王”として名高いアガサ・クリスティーさんの小説「And Then There Were None」に基づいた作品です。

 

この小説はこれまでにも映画化・舞台化・ドラマ化されている、高い人気を誇る作品。

本作もこの小説のストーリーに沿う形で、物語が進行します。

 

しかし謎の真相が明かされるシーンは、原作とはまったく違うもの。

アガサ作品を読みつくし本作のラストをご存知の人も、思わず「そう来たか!」と唸ってしまうようなドラマとなりました。

スポンサーリンク

「そして誰もいなくなった」全話紹介

第一話

1939年8月、8人の男女がイギリス・デボン州にある兵隊島へやってきました。

島の現在の所有者であるオーウェン夫妻に、彼らは招待されたのです。

 

ホストである夫妻はどうやら不在のようでしたが、新しく雇われたというトマスエセルという使用人夫婦が8人を出迎えました。

 

ゲストたちの部屋には、童謡「10人の兵隊」の歌詞が書かれた紙が飾られていました。

ディナーの席についた8人は、ダイニングテーブルに10体の兵隊の人形が飾られていることに気づきます。

 

そんななかトマスがレコードを再生すると、ゲスト8人と使用人夫妻の合わせて10人全員の殺人の罪を告発する音声が流れました。

彼らはすべて、誰かを死に至らしめた責任を逃れているというのです。

 

8人のゲストたちは、自分の罪を認めず反論をはじめました。

 

しかしその後まもなく、アンソニー・マーストンが毒の混入したジンを飲んで絶命。

その翌日、屋敷の料理人エセル・ロジャースがベッドで窒息死しているのが発見されたのです。

 

そしてヴェラ・クレイソーンは、ダイニングテーブルに飾られていた兵隊人形が二体なくなっていることに気づき…。

第二話

マーストンロジャース夫人の不審な死について、教師であるクレイソーン「10人の兵隊」の歌詞になぞらえた殺人であると主張します。

 

ロジャース夫人が鎮静剤を飲んでいたことがわかり、医師のエドワード・アームストロングとガン患者であるロレンス・ウォーグレイヴ判事に疑いの目が向けられました。

しかし彼らのカバンからは、死に至るような強い薬は発見されません。

 

一方フィリップ・ロンバートは、いまだ姿を見せないオーウェン夫妻があやしいとにらみ、島内を捜索することにしました。

 

島は嵐にみまわれ迎えの船は来られなくなり、ゲストたちは島に取り残されたことを知ります。

彼らは、島へ招待されることになったいきさつを話し始めました。

 

そんななか元将軍のジョン・マッカーサーが、望遠鏡で撲殺されてしまいます。

 

確かに殺人者は、ルールに従って「10人の兵隊」の歌詞どおりに殺人を続けているのです。

ウォーグレイブは、ゲストのなかの誰かが殺人を重ねているのだと言いましたが…。

第三話

童謡「10人の兵隊」の歌詞に合わせるように次々と殺人が起こり、生存者はウォーグレイブ、クレイソーン、ロンバート、ブロア、アームストロングの5人となりました。

残された兵隊人形も、5体になっています。

 

それぞれに他人の命を奪った暗い過去を抱えた5人は、互いに疑い合っており誰も信じられなくなっています。

 

身を守るために5人で行動しようとしますが、新たな殺人が決行されてしまいました。

ウォーグレイブが、銃で撃たれて絶命しているのが発見されたのです。

 

彼の死亡宣告はアームストロングによってなされましたが、アームストロング自身はその夜のあいだに屋敷を抜け出してしまいました。

残った3人は、アームストロングが犯人であると決めつけました。

 

ところがブロアが何者かに刺殺され、屋敷を出たはずのアームストロングの遺体が浜辺に打ち上げられたのです。

 

残ったのはクレイソーンロンバート

クレイソーンは自分の身に覚えはありませんので、殺人犯はロンバートであると決定付けました。

 

そこで彼の銃を持ち上げ、ロンバートを射殺します。

 

ひとり生き残ったクレイソーンでしたが、自分の部屋へ戻ってみるとそこには首を吊るためのロープが用意してありました。

 

ロンバートの命を奪い、過去に犯した自分の罪を思い出したクレイソーン

ほとんど錯乱状態で、用意されたロープで自ら命を断とうとします。

 

ところがそこに、思いもよらぬ人物があらわれ…。

テキストのコピーはできません。