【ネタバレなし】「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」について知りたい!

この記事では、ドラマ「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」とは

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」キャスト

マシュー・ヴェン(警部補):ベン・オルドリッジ
ジョナサン・ロバーツ(マシューの夫):デクラン・ベネット
ドロシー・ヴェン(マシューの母):ジュリエット・スティーブンソン
ジェン・ラフェティ(刑事、マシューの部下):パール・マッキー
ロス・プリチャード(刑事、マシューの部下):ディラン・エドワーズ
キャロライン・リーズリー:シボン・カレン
デニス・スティーブンソン:マーティン・ショウ
グレース・スティーブンソン:アニタ・ドブソン

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:ケイト・バートレット、ケリー・ジョーンズ
プロデューサー:アンジー・ダニエル
監督:リー・ヘイブン・ジョーンズ
脚本:ケリー・ジョーンズ
音楽:サミュエル・シム
原作:アン・クリーヴス

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」の概要

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」は原題を「The Long Call」といい、2021年10月25日に公開された犯罪ドラマです。

 

本作は、イギリスが生んだ大人気推理作家アン・クリーヴスさんの同名小説をもとに製作されました。

 

アン・クリーヴスさんはこれまでにCWA賞ほか数々の文学賞を受賞し、「イギリス推理小説界の至宝」とも言われる大作家です。

その小説をもとに製作された本作も、2022年GLAADメディア賞「傑出した新しいテレビドラマシリーズ」部門にノミネートされています。

 

結果が気になるところですね。

 

舞台は、まるで一枚の絵画を見るように美しいイギリスのデヴォン地方。

 

殺人事件の捜査にたずさわるマシュー・ヴェン警部補は、自分の過去にも深い苦しみを抱えています。

それは、周囲の人や家族からの拒絶と、理解してもらえない孤独

 

一度は捨てたこの小さな町に、20年ぶりに戻ってきたマシュー

 

彼は、長年の悲しみを癒すことができるのでしょうか。

厳格な宗教コミュニティに属する家族は、彼を受け入れてくれるのでしょうか。

 

そして、殺人事件の犯人は…?

スポンサーリンク

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」のあらすじ


マシュー・ヴェン警部補は、20年ぶりに故郷に帰ってきていました。

地元警察に赴任することになり、夫のジョナサン・ロバーツとともにひっそりと暮らしていたのです。

 

帰郷から半年後、父親が亡くなり葬儀に参列しようと教会へ向かいましたが、マシューの母はかたくなに彼を拒絶しました。

 

20年前大学へ進学するとき、彼は自分が育った厳格な福音派コミュニティを放棄

同時にそのコミュニティも家族も、マシューに背を向けました

 

この時点で彼は、「もう信じていない」と公言し町を去ったのです。

 

そんななか、マシューの家の近くのビーチで首にアホウドリのタトゥーを入れた男性の遺体が発見されました。

その体には刺し傷があり、誰かの手によるものと考えられました。

 

疑いは、コミュニティ全体に向けられます。

 

ロンドンでのトラウマ的生活から逃れるためにデヴォンにやってきた女性刑事ジェン・ラフェティとともに、事件の捜査を始めたマシュー

 

しかしこの帰郷によって、マシューは母親との確執に向き合うことを余儀なくされました

今まで目を背けてきたことに、この殺人事件を通して再び取り組まなくてはならなくなったのです。

スポンサーリンク

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」の見どころ


マシューは同性愛者で、夫といっしょに帰郷します。

かつてコミュニティを捨てたのも、あまりにも保守的なカルト的集団では自分のアイデンティティが失われてしまうと考えたからです。

 

マシューの人生の選択は彼の両親を失望させ、家族間に重大な問題を引き起こしました。

しかしそれでもマシューは、自分らしく生きることを選んだのです。

 

そんなマシューの部下は、夫の虐待から逃れてきた都会育ちのジェン・ラフェティ

この組み合わせも、かなり興味深いですね。

 

ふたりは心のなかに深い苦しみを抱えたまま、目前の事件の捜査にあたります。

 

そしてこの事件の被害者もまた、コミュニティの関係者。

コミュニティの誰もがこの被害者を知っており、動機を持っているようでした。

 

そんな殺人事件の捜査も進まないうちに、少女が失踪する事件まで発生。

どうもこれらの事件には関連があるらしいのですが、小さなコミュニティでは誰もが疑わしく、誰もが何かを隠しているのです。

 

登場人物すべてが、あやしく思えてきますよ。

 

本作は単なる殺人事件を扱ったミステリーではなく、不思議な宗教コミュニティの生活も描いています。

 

そこには相互作用があり、「和解と不寛容」が微妙なバランスで存在しているのです。

 

見どころは、マシューの母親が彼女の悲しみについて話すシーン。

コミュニティを去った息子の仕事ぶりを、新聞を通して追っていたと明らかにするところです。

 

ちょっとした場面なんですが、実に泣かせます。

スポンサーリンク

「刑事マシュー・ヴェン 哀惜のうなり」についてまとめ


原作者のアン・クリーヴスさんは、マシュー役を演じたベン・オルドリッジさんについて話しました。

 

「彼よりもマシュー・ヴェンをうまく演じられる人は、誰もいないと思います。」

 

それはベン・オルドリッジさん自身も、LGBTQ+であることを公言しているから。

だからこそ、マシュー・ヴェンというキャラクターに信ぴょう性とコミットメントを付けることができるのでしょうね。

スポンサーリンク

海外ドラマ好きなあなたに

海外ドラマをたくさん見たいけど、何かいい方法はないかなぁ。



そんなあなたにオススメなのは、スカパー!です♪

スカパー!は、海外ドラマに特化したチャンネルが盛りだくさん!

例えば「スターチャンネル」「スーパー!ドラマTV」「AXN海外ドラマ」「AXNミステリー」「FOX」など、ヒット作満載の海外ドラマ専門チャンネルがあるんです!

あなたが見たいチャンネルを、1チャンネルから視聴することができますよ!

 

もちろん、1チャンネルだけではなく1,980円/月(税込)48チャンネルのなかから好きな5チャンネルをセレクトできる「スカパー!セレクト5」や↓↓



 

初回視聴料が1,980円(税込)11ジャンル50チャンネルが見放題!
しかも、1台分の料金でテレビ3台まで視聴できる超お得パック「スカパー!基本プラン」も!↓↓



・番組をご自宅のレコーダーやDVDに録画したい!
・ご自宅のテレビで見たい!
・すぐ見たい!  

ドラマ・映画・スポーツ・バラエティも!あなたの「見たい!」をかなえます♪

詳しくは、「スカパー!かんたんナビ」をチェックしてね!→→【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

 

テキストのコピーはできません。