【ネタバレなし】「ザ・シューター/極大射程」について知りたい!あらすじ・キャストが気になる!

この記事では、ドラマ「ザ・シューター/極大射程」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「ザ・シューター/極大射程」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「ザ・シューター/極大射程」とは

「ザ・シューター/極大射程」キャスト

ボブ・リー・スワガー(元アメリカ海兵隊武装偵察隊のスナイパー):ライアン・フィリップ
ネイディーン・メンフィス(FBI捜査官):シンシア・アダイ=ロビンソン
アイザック・ジョンソン(シークレットサービス幹部、ボブ・リーの元上官):オマー・エップス
ジュリー・スワガー(ボブ・リーの妻):シャンテル・ヴァンサンテン
メアリー・スワガー(ボブ・リーとジュリーの娘):レクシー・コルカー
ジャック・ペイン(テロ対策専門家):エディ・マクリントック ※シーズン1、3
ソロトフ(ロシア人スナイパー):ジョシュ・スチュワート ※シーズン2~
ハリス・ダウニー(政治家スタッフ、ネイディーンの元恋人):ジェシー・ブラッドフォード ※シーズン2~
レッド・バマ・シニア(バマ・キャトル経営者、農政次官):ジェラルド・マクレイニー ※シーズン3

「ザ・シューター/極大射程」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:ジョン・フラヴィン、スティーブン・レビンソン、マーク・ウォールバーグ 他
プロデューサー:スペンサー・ストラスモア、ジャナス・タシジャン、ライアン・フィリップ 他
監督:デビッド・ストレイトン、サイモン・セラン・ジョーンズ、ハイメ・レイノソ 他
脚本:ジョン・フラヴィン、デビッド・ダイチ、ケイティ・J・ストーン 他
撮影:ヤロン・レヴィ、ハイメ・レイノソ、アンソニー・ハードウィック 他
音楽:The Haxan Cloak

「ザ・シューター/極大射程」の概要

「ザ・シューター/極大射程」は、1993年のスティーブン・ハンターさんの小説「Point of Impact」および2007年に公開された同名映画に基づくテレビドラマです。

 

かつて海兵隊で最高の狙撃兵として活躍した兵士で、現在は引退しひっそりと暮らしているボブ・リー・スワガーが主人公。

演じるのは、ライアン・フィリップさんです。

 

沈着冷静なスナイパーという役柄ですが、笑顔がかわいく童顔なライアンさんは役に合っていないような気がしました(^▽^;)

 

本作はいろいろな点で原作小説・映画から変更が加えられており、このドラマではボブ・リーはアフガニスタン帰還兵となっています。

エピソードが進むにつれて、ライアンさんがだんだん“ボブ・リーの顔”になっていく様子を見ることができますよ。

 

しかもプロデューサーとしても名を連ねており、彼の強い意欲を感じさせるドラマとなりました。

またエグゼクティブプロデューサーには、映画版で主役を演じたマーク・ウォールバーグさんの名前もあります。

 

重厚感のある推理アクションドラマに仕上がりました。

スポンサーリンク

「ザ・シューター/極大射程」のあらすじ


(シーズン1 第一話「Point of Impact」より)

かつて最高の狙撃兵だったボブ・リー・スワガー

今は引退して妻子とともに、山奥のロッジでひっそりと暮らしています。

 

そこに元上官で、今はシークレットサービスに所属するアイザック・ジョンソンがやってきました。

シアトルを訪問する予定の大統領に、暗殺予告があるというのです。

 

大統領の警護を請われ、ボブ・リーは元狙撃手としての視点から攻撃が加えられそうなところを指摘、警戒を強めることになりました。

 

ところが狙撃は実行され、ボブ・リーが狙撃犯としてFBI捜査官ネイディーン・メンフィスに逮捕されてしまったのです。

 

狙撃されたのはアメリカ大統領ではなく訪問中の別の要人で、ボブ・リーは自分が罠にはめられたことを知りました。

ボブ・リーは警察・FBIから逃亡しながら、自分の無実を晴らし真実を明らかにしようと決意したのです…。

スポンサーリンク

「ザ・シューター/極大射程」の見どころ


原作小説および映画版に基づいたドラマですが、相違点が多くあります。

 

前述しましたがボブ・リーは現代に合わせてアフガニスタン帰還兵。※小説ではヴェトナム、映画ではアフリカ帰還兵

 

ドラマ版のボブ・リーは若くて都会的な雰囲気であり、結婚して娘もいます。※小説では違う

 

のちにボブ・リーに協力することになるFBI捜査官は、ネイディーンという女性。※小説・映画ではニック・メンフィスという男性捜査官

 

もとより小説・映画と比べて、主人公ボブ・リーがとてもクレバーで洗練されているということです。

 

おそらく時代背景などに合わせたからなのでしょうが、小説・映画で見られた“泥臭さ”のようなものが消えていると思いました。

言い換えると、本作のキャラクターはまったく新しいボブ・リー像を描いているということです。

 

もし原作小説を読んだことがあり、マーク・ウォールバーグさんのボブ・リーを見たことがあるのでしたら、ぜひ比較していただきたいと思います。

ライアン・フィリップさんが演じるボブ・リーは、それらを踏襲しつつも独自のスタイルを確立していると感じるはずです。

 

シーズン3で打ち切りとなってしまったようですが、もう少しライアン・フィリップさんのボブ・リーを見てみたかったな、と思います。

スポンサーリンク

 「ザ・シューター/極大射程」みんなの感想は?

スポンサーリンク

「ザ・シューター/極大射程」についてまとめ

アクションと陰謀が好きな人なら、一見の価値があるドラマだと思います。

そして小説・映画のラストをご存知でしたら、さらに上を行くような結末を見ることができますよ。

スポンサーリンク

海外ドラマ好きなあなたに

海外ドラマをたくさん見たいけど、何かいい方法はないかなぁ。



そんなあなたにオススメなのは、スカパー!です♪

スカパー!は、海外ドラマに特化したチャンネルが盛りだくさん!

例えば「スターチャンネル」「スーパー!ドラマTV」「AXN海外ドラマ」「AXNミステリー」「FOX」など、ヒット作満載の海外ドラマ専門チャンネルがあるんです!

あなたが見たいチャンネルを、1チャンネルから視聴することができますよ!

 

もちろん、1チャンネルだけではなく1,980円/月(税込)48チャンネルのなかから好きな5チャンネルをセレクトできる「スカパー!セレクト5」や↓↓



 

初回視聴料が1,980円(税込)11ジャンル50チャンネルが見放題!
しかも、1台分の料金でテレビ3台まで視聴できる超お得パック「スカパー!基本プラン」も!↓↓



・番組をご自宅のレコーダーやDVDに録画したい!
・ご自宅のテレビで見たい!
・すぐ見たい!  

ドラマ・映画・スポーツ・バラエティも!あなたの「見たい!」をかなえます♪

詳しくは、「スカパー!かんたんナビ」をチェックしてね!→→【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

テキストのコピーはできません。