【ネタバレなし】「人形は指をさす」ってどんなドラマ?内容・見どころが知りたい!

この記事では、ドラマ「人形は指をさす」の概要についてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「人形は指をさす」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「人形は指をさす」とは

「人形は指をさす」キャスト

ネイサン・ローズ(スコットランドヤード巡査部長):ヘンリー・ロイド・ヒューズ
レイク・エドマンズ(刑事):ルーシー・ヘイル
エミリー・バクスター(警部補):タリッサ・テイシェイラ
フィンレイ(巡査部長):マイケル・スマイリー
テレンス・シモンズ(警部):アリ・クック
マーク・フーパー(2年前にローズが逮捕し、その後釈放された”火葬キラー”):サミー・ヘイマン
ジョエル・シェプトン(ローズが入院した精神科施設の別の患者):コブナ・ホールドブルック‐スミス
トーマス・マッセイ(マークフィールドモア刑務所看護師):サム・トラウトン
ジョイ・マッセイ(トーマスの妻、メイクアップアーティスト):サマンサ・スパイロ
アンドレア・ワイルド(ジャーナリスト):ナターシャ・リトル
エイドリアン・トンプソン(ローズが入院した精神科施設の責任者):クライブ・メンドゥス

「人形は指をさす」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:フレディ・シボーン、サリー・ウッドワード・ジェントル、リー・モリス 他
プロデューサー:リジー・ラスブリッジャー
監督:ニール・マコーミック、トビー・マクドナルド
脚本:フレディ・シボーン、フローレンス・キース・ローチ、カラ・スミス
撮影:デビッド・ピム、フィル・ウッド
音楽:モーゼス・ボイド
原作:ダニエル・コール「Ragdoll」

「人形は指をさす」の概要

「人形は指をさす」は英題を「Ragdoll」といい、2021年11月11日にアメリカAMC+で初演された犯罪スリラードラマです。

その後イギリスalibiで、2021年12月6日に公開されました。

 

本作はダニエル・コールさんの同名小説がベースになっており、アメリカとイギリスが共同で製作した作品です。

↑↑原作者ダニエル・コールさん

 

イギリス・ロンドンで起こった、身の毛もよだつような殺人事件。

それには、ひとりの刑事が過去にかかわった別の事件が隠れていました。

 

本作の製作総指揮と脚本を担当したのはフレディ・シボーンさん。

ドラマ「キリング・イヴ/Killing Eve」でご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

演者たちも、今、大注目の俳優ばかり。

絶対に見逃せない作品です。

スポンサーリンク

「人形は指をさす」のあらすじ


ロンドンに引っ越してきたばかりのネイサン・ローズのもとへ、殺人事件発生の一報が入りました。

現場は、彼のアパートの真向かい。

 

駆けつけてみると、そこには6人分の体の部位を縫い合わせた、衝撃的ななきがらが一体…。

 

犠牲になった人たちの手がかりはありませんでしたが、ローズは頭部の持ち主に見覚えがありました。

それはローズの人生を狂わせることになった、連続殺人犯“火葬キラー”マーク・フーパーだったのです。

 

フーパーは被害者に火を放つという、残忍な犯行で逮捕されました。

ところが法廷では、犯行を裏付ける証拠が改ざんされたとされフーパーは無罪放免に。

 

その責任はすべてローズが負わされ、彼は裁判後PTSDとなり精神科施設へ入院しました。

 

それから二年経った今、そのフーパーの頭部をローズは見ることになってしまいました。

 

警察は捜査を始めたものの、遅々として進まず。

そんななか“ラグドール・キラー”とおぼしき人物から、連続殺人の予告リストが届きます。

そこには、市長・フーパーの弟など6人の名前が記されていました。

 

そしてリストの最後には、ローズの名前が書かれていたのです…!

スポンサーリンク

「人形は指をさす」の見どころ


発見された遺体はひとつ、しかし犠牲者は6人いてそれぞれの体の一部が縫い合わされているという恐ろしい状況。

物語の始まりはとてもショッキングです。

 

この殺人事件は、私たちが考える以上にローズにつながりを持っているんですね。

というのも、頭部の持ち主はかつてローズが逮捕した連続殺人犯マーク・フーパーだったから。

 

フーパーローズの目の前で生きている人に火を放ち、残酷に命を奪いました。

しかし裁判で犯人であるとの証拠が認められず、無罪となったのです。

 

それを認められないローズは法廷内でフーパーに襲いかかり、警備員に取り押さえられました。

そのためローズは精神科施設に収容され、大きなトラウマを抱えることに。

 

あれから二年、現在は別件で刑務所に入っているはずのマーク・フーパーの頭部が“ラグドール”となって発見されました。

…第一話の情報量が多すぎですね…(^▽^;)

 

しかもこの事件は、単なる猟奇殺人では終わりません。

発見された“ラグドール”が指さしていたのは窓の外、なんとローズのアパートだったのです。

 

そして届いた殺人予告リスト。

これ以上の犠牲者を出さないために必死の捜査をする警察をあざ笑うかのように、“ラグドール・キラー”は殺人を重ねていく…。

 

このドラマを見たスリラー好きな方なら、「ハンニバル」「THE KILLING/キリング」などを思いだしたかもしれません。

これらの作品と同様に、物語の始まりは猟奇殺人です。

しかし本作が他のドラマと違うところは、事件にたずさわる刑事たち三人にそれぞれのコミットメントがあるという点です。

 

そして彼らにはそれぞれに秘密があり、それを言い出せないがためにお互いを危険にさらしてしまうのです。

言いようのない怒りと悲しみです。

 

これからも、マーク・フーパー“ラグドール・キラー”に追随し模倣する者が出現するかもしれません。

彼らに黒い憧れを抱く者はいなくならないのです。

 

そしてそんな“人形”を操ることに、喜びを感じるサイコパスも存在し続けるでしょう。

スポンサーリンク

「人形は指をさす」みんなの感想は?

スポンサーリンク

「人形は指をさす」についてまとめ


間違った正義と恐ろしさを人々に植え付けるという、“ラグドール・キラー”の野望。

それに振り回されたローズたち。

 

回収しきれていないポイントもあり、ひたすらにモヤっと感を覚えました。

 

例えば、ことの発端となった“火葬キラー”の捜査になぜあれほどローズは没頭してしまったのか。
(当時相棒としてともに捜査していたバクスターが、「あなた(ローズ)が怖かった」というシーンがある)

 

例えば、“火葬キラー”はなぜローズに犯行の現場を見せつけたのか。

 

例えば、“ラグドール・キラー”はなぜ遺体を縫い付ける必要があったのか…。

 

続編があるかもしれませんね。

というか、あってほしいです(^▽^;)

スポンサーリンク

「人形は指をさす」を見るには?

「人形は指をさす」を放送するAXNミステリーを見たいけど、何かいい方法はないかなぁ。



そんなあなたにオススメなのは、スカパー!です♪

スカパー!は、海外ドラマに特化したチャンネルが盛りだくさん!

例えば「スターチャンネル」「スーパー!ドラマTV」「AXN海外ドラマ」「AXNミステリー」「FOX」など、ヒット作満載の海外ドラマ専門チャンネルがあるんです!

あなたが見たいチャンネルを、1チャンネルから視聴することができますよ!

 

もちろん、1チャンネルだけではなく1,980円/月(税込)48チャンネルのなかから好きな5チャンネルをセレクトできる「スカパー!セレクト5」や↓↓



 

初回視聴料が1,980円(税込)11ジャンル50チャンネルが見放題!
しかも、1台分の料金でテレビ3台まで視聴できる超お得パック「スカパー!基本プラン」も!↓↓



・番組をご自宅のレコーダーやDVDに録画したい!
・ご自宅のテレビで見たい!
・すぐ見たい!  

ドラマ・映画・スポーツ・バラエティも!あなたの「見たい!」をかなえます♪

詳しくは、「スカパー!かんたんナビ」をチェックしてね!→→【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

テキストのコピーはできません。