【ネタバレなし】「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」の見どころを紹介します!

この記事では、ドラマ「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」とは

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」キャスト

フランシス・ケアンズ(演:クシュ・ジャンボ)
ひとり息子を育てていたシングルマザー。
ある日息子がひき逃げにあって命を落とし、その犯人に復讐を誓う。
教師をしていたが、それまでの生活をすべて捨て去り事故が起きたワイト島に移り住む。
“作家である”と、職業を偽っている。

ナイジェル・ストレンジウェイズ(演:ビリー・ハウル)
同僚が自分の目の前で殉職し、PTSDになった警部補。
ロンドンからワイト島に、療養を兼ねて異動となる。
前任者が担当した交通事故の捜査に疑問をいだき、犯人逮捕に乗り出す。

ジョージ・ラタリー(演:ジャレッド・ハリス)
フランシスが”ひき逃げ犯だ”と確信した人物。
ワイト島の有力者であり大富豪。
ヴァイオレット・フィル・ジョイ・レナとともに、島の豪邸に住む。
ある秘密を、義妹レナと共有。

レナ(演:ミラ・トムリンソン)
ヴァイオレットの妹、モデル。
フランシスが”ひき逃げに何らかの関係がある”と、目星をつけた。
ある秘密があり、ジョージを恐れている。

ヴァイオレット(演:メイヴ・ダーモディ)
ジョージの妻、レナの姉。
裕福な家の主婦だが、傲慢・冷淡な夫や口の悪い義姉ジョイとの生活は幸せではない。
病弱。

フィル(演:バーニー・セイバーン)
ジョージとヴァイオレットのひとり息子。

ジョイ(演:ジェラルディン・ジェームズ)
ジョージの姉、弟の家族とともに豪邸に暮らす。
ヴァイオレットとレナの姉妹を快く思っていない、高慢な人物。

ヴィンセント・オブライエン(演:ダギー・マクミーキン)
アシャ・ジェームス(演:アーシア・シャー)
ストレンジウェイズの部下。

ブラント博士(演:ナサニエル・パーカー)
精神科医。
ストレンジウェイズのセラピスト。

マーティ・ケアンズ(演:ウィリアム・ランデ)
フランシスの息子。

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」スタッフ

製作総指揮
マリーナ・ブラッケンベリー、エマ・ブロートン、ギャビー・キアッペ 他

プロデューサー
サラーダ・マクダーモット

監督
ドメ・カルコスキ

脚本
ギャビー・キアッペ

撮影
ジョエル・デブリン

音楽
マシュー・ハーバート

原作
セシル・デイ=ルイス(ニコラス・ブレイク)「The Beast Must Die」

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」の概要

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」は、2021年5月27日よりイギリスBritboxにて放送されたスリラードラマです。

 

本作は、イギリスの桂冠詩人セシル・デイ=ルイスさん(ペンネーム:ニコラス・ブレイク)の同名小説をもとに製作されました。

 

1938年に刊行されたこの小説はこれまでに二度映画化されていますが、ドラマ化は今回が初めて。

 

原作では、ひき逃げで息子を奪われた主人公は、白人男性のミステリー作家フランク・ケアンズとされています。

今回ドラマ化された本作では、黒人女性のシングルマザー・フランシスが主人公。

 

時代設定も現代に合わせ、インターネットやスマホを使いこなす様子も見られます。

 

原作を読んだことがある方も、過去に映像化された作品を見たことがある方も、記憶をいったん封印して視聴していただきたいと思います。

【バーゲンセール】【中古】DVD▼リメインダー 失われし記憶の破片▽レンタル落ち ホラー

価格:230円
(2022/11/22 16:59時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」のあらすじ・全話紹介

第一話「母の執念」

「息子をひき逃げした犯人に復讐するため、私はここにいる。」

 

警部補ストレンジウェイズは、自分の目の前で同僚が殉職したことでPTSDを患いました。

ロンドンを離れワイス島に異動してきたストレンジウェイズは、転任初日にある女性と出会います。

 

それは未解決のまま捜査が終了していた、6歳の男の子がひき逃げされた事件の犠牲者の母フランシスでした。

 

この事件を担当した前任者は急死しており、事情をよく知らなかったストレンジウェイズは無責任な発言をしてしまいます。

 

それを聞いたフランシスはとても腹を立て、“警察はあてにならない”と判断。

教師の仕事も捨ててロンドンからワイス島に移り、自分の手でひき逃げ犯を探すことにしたのです。

 

一方ストレンジウェイズは、PTSDの深い傷により子どもを亡くした女性に共感できなかった自分に、ショックを受けていたのでした…。

第二話「疑惑の男」

フランシスは息子のひき逃げ事故に関与していると思われるレナという女性に、近づくことに成功しました。

“作家である”とウソをつき、レナの家族に関する情報を聞き出したのです。

 

そこでレナの義理の兄で、息子をひき逃げしたと思われるジョージの存在を知りました。

 

“姉の家へ行く”と言うレナに同行したフランシスの前に、スポーツカーを猛スピードで運転するジョージがあらわれました。

 

一方ストレンジウェイズは、警察内でひき逃げ事件の証拠が紛失していることに気づきます。

カメラ映像の記録が消去され、追跡調査もされず、捜査手順に従っていなかったことは明らかです。

 

なぜ前任者が何もしなかったのかとオブライエンに尋ねましたが、答えは返ってきませんでした…。

第三話「殺意」

“息子をひき逃げしたに違いない”ジョージの言動に、強い怒りを覚えるようになったフランシス

それは、殺意と言えるものになりつつありました。

 

そんなおり、ラタリー家の屋敷の近くに部屋を借りいっしょに夏を過ごすことに決めたフランシスレナに、ジョージがある提案をします。

それは敷地内にある、サマーハウスで暮らしては?いうことでした。

 

一方ストレンジウェイズは、事件の話を聞くため急死した前任者の妻をたずねました。

 

そこで生前の前任者が、ジョージとともに写った写真を発見。

強い違和感を抱いたストレンジウェイズ

 

そんなある日、ストレンジウェイズは島の桟橋でフランシスと出会い…。

第四話「復讐の手段」

フランシスラタリー家にとけ込むようになり、彼女の計画を進めていきました。

ジョージがひき逃げ犯だと確信したフランシスは、彼がヨットを持っていることを知り、これを復讐に利用しようと考えます。

 

一方ストレンジウェイズは、ラタリー家の庭師の尋問を行っていました。

しかしPTSDの発作に襲われ、ひどく取り乱してしまいました。

 

そんななかフランシスについて調べ、彼女の行動の理由を突きとめたストレンジウェイズは、ラタリー家からすぐに出るよう忠告します。

 

ストレンジウェイズは、“犯人は必ず逮捕する”と約束。

ジョージの危険性を訴え、フランシスを説得しようとしましたが…。

第五話「洋上の対決」

ジョージとともに、セイリングに出発したフランシス

彼女はヨットの舵を握りながら、復讐の機会を見計らっていました。

 

しかし陪審員と死刑執行人を演じるつもりでいたフランシスは、ジョージに正体を見破られてしまったのです。

ジョージは逆にフランシスを糾弾し、罵倒し、冷笑。

フランシスは何もできないままヨットを岸に戻し、彼女のヨットでの復讐計画は失敗に終わりました。

 

帰宅したジョージは、フランシスのことを詐欺師だったと家族に告げます。

そして彼女を家に連れてきたレナを責め、激しい口論となったのでした。

 

事件の証拠を集め、やっとのことで逮捕の準備を整えたストレンジウェイズはラタリー家に向かいました。

ところがパトカーのサイレンが鳴り響くなか、ジョージはすでに死んでいたのです…!

第六話「哀しみの航海」

ストレンジウェイズは、自ら命を断とうとして入院したフランシスを訪ねます。

そこでジョージの死について報告。

 

彼が隠ぺいしていた事故車も発見され、鑑識捜査により、事故当時誰が運転していたかも判明しました。

 

「息子の幻を見なくなった。」

フランシスはそう言って、ふいに姿を消してしまいます。

 

彼女を心配するストレンジウェイズは、フランシスを港で発見しましたが…。

スポンサーリンク

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」の見どころ


原作を読んだ方は、キャラ設定の変化に違和感を覚えるかもしれませんね。

 

このドラマの主人公フランシス・ケアンズは、ひき逃げで息子の命を奪われました。

犯人を突きとめ自ら彼を罰しようと、警察ができなかったことを成し遂げようとします。

 

原作と違うのは、フランシスが母親であるということ。

 

強烈な母性のあらわれであり、まるで先が見えない復讐にも決して挫折することがありません。

女性特有の粘り強さ(しつこさ?)が垣間見えて、非常に優れた人であることがわかります。

 

一方とことん悪人のはずのジョージ・ラタリーが、本作ではちょっと違って描かれています。

自己中心的で傲慢で、普段から人を見下しているような彼が、実は世間的には魅力的に映っているという意外性です。

 

そんな二面性があるうえ演じるジャレッド・ハリスさん自身のビジュアルもあって、非常に奥行きのあるジョージ像になっているのではないでしょうか。

 

単なる卑劣オヤジではないんですね。

配役の妙だと思います。

 

「ブログっておもしろそう!」って思ったら♪

ロリポップ!

mixhost

お名前.com
スポンサーリンク

 

またPTSDを患うストレンジウェイズ警部補を演じたビリー・ハウルさんも、すごい演技力ですね。

繊細で、正義感が強くて…というストレンジウェイズに、まさにピッタリな人だと思いました。

 

本作は過去に映画化されたものの焼き直しかと考えていましたが、まったく違っていました。

オリジナルストーリーは、特に優れています。

スポンサーリンク

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」みんなの感想は?

スポンサーリンク

「ビースト・マスト・ダイ/警部補ストレンジウェイズ」についてまとめ


シーズン2のウワサもあるそうですが、どうなるのでしょうか。

 

警部補ストレンジウェイズと副題がついているわりには、彼の存在は薄かったように思います。

もしシーズン2ができるのでしたら、もっと存在感をアピールする警部補だといいですよね…(^^;)

スポンサーリンク

ドラマ・映画を見るのが大好きなあなたに、おすすめです♪

あなたにピッタリの方法を探して、多くの作品をじっくり楽しんでくださいね♡

いつでも・どこでも、見たい作品を動画配信で!

U-NEXT・動画27万本、見放題動画24万本レンタル動画3万本を配信!(2022年10月現在)
・月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
・無料期間後は月額2,189円(税込)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
hulu・2週間の無料お試し期間がある!
・トライアル終了後は、月額1,026円(税込)で100,000本以上の作品が見放題!(※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金)
・テレビ・ゲーム機・パソコン・スマホ・タブレットなど、様々な機器に対応!
・ダウンロード機能を使えば、インターネット接続なしで視聴可能!
・1つのアカウントで、最大6つまでプロフィール設定が可能!家族みんなで楽しめる!

ABEMA
・月額960円(税込)ですべての作品が見放題!(対象外の番組もあります)
・2週間の無料トライアル期間がある!
・ニュース番組やアニメをはじめ、 ドラマ、音楽、スポーツ、オリジナル番組など多彩な番組が楽しめる!
・5,000を超えるオリジナルコンテンツ!
・緊急ニュースや速報ニュースをどこよりも早く、どこよりも長く!全編ノーカット生中継
・広告なしでビデオをすぐに再生!(対象外もあります)

話題の人気作・最新作を、録画して楽しみたい!


スカパー!
・見たいチャンネルを、1チャンネルから視聴することができます!
・海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流など、特化したチャンネルが充実!
・「基本プラン」なら、11ジャンル50チャンネルが見放題!1台分の料金で、テレビ3台まで視聴可能!
・動画配信サービスとは違って、録画することができます!

WOWOW
・初期費用なし!加入月は、視聴料がかかりません!
・厳選されたイチオシ番組が、盛りだくさん!
・WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの3チャンネルが見放題!
・24時間フルハイビジョン!5.1chサラウンド放送も楽しめる!
・スマホでもタブレットでも楽しめる動画配信「WOWOWオンデマンド」も利用できる!

本当に見たい作品だけをレンタル!


ゲオ宅配レンタル
・ウェブサイトから注文したDVD・CDが、指定の宛先まで届く!返却時もポストへ投函するだけ!
・話題の新作からアニメ作品なども充実!国内最大級の品ぞろえ!
・1枚からレンタルできる「通常会員」と、返却期限・送料なしの「月額コース」から選択できる!

ぽすれん
・月額固定料金で、パソコンや携帯から気軽にDVD・CDをレンタルできる!
・返却期限はなく、延滞料金は¥0!発送・返却時の送料も全て¥0!
・月額に入っていてもスポットレンタルサービス(レンタル期限・別途送料有り)を利用できる!
・月額レンタルサービスは、1ヶ月(30日間)無料でお試しいただけるコースをご用意!

原作を読んで、好きな作品を極めたい!


紀伊國屋書店

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

角川グループ直営 電子書籍ストアBOOK☆WALKER
テキストのコピーはできません。