【ネタバレなし】「撃てない警官」あらすじと見どころ!フル動画を見るには!?

この記事では、ドラマ「撃てない警官」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

いつでもどこでも、好きな作品をフルに楽しめるオススメの動画配信サービスもご紹介!

好きな時間・好きな場所でお気に入りの作品を見られます。

 

定額制の動画配信サービスは、配信作品数もたくさん!

 

今まで知らなかったような作品から、懐かしの名作まで。

「撃てない警官」はもちろん、それ以外にも、きっと見たい作品が見つかりますよ!

 

しかも公式の動画配信サービスは、とても高画質

ウィルス感染の心配などもまったくありませんので、安全に作品を見られます!

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「撃てない警官」について詳しくご紹介します!

「撃てない警官」ってこんなドラマです

撃てない警官出典:Amazon

「撃てない警官」キャスト

柴崎 令司(警視庁総務部企画課企画係係長→足立署警務課課長代理):田辺 誠一
中田(警視庁総務部企画課課長):石黒 賢
辻 裕之(警視総監):中丸 新将
石岡 稔(警視庁施設課設備係係長):高橋 和也
柴崎 雪乃(令司の妻):中越 典子
木戸和彦(令司の部下):磯部 泰宏
小笠原 博満(足立署署長):諏訪 太朗
助川 雄一(足立署副署長): 嶋田 久作

「撃てない警官」スタッフ

監督:長崎 俊一
プロデュース:加納 貴治、押田 興将
脚本:安倍 照雄
音楽:大友 良英
原作:安東 能明

「撃てない警官」の概要

推理作家・安東 能明さんの小説「撃てない警官」をもとに作られたテレビドラマです。

2016年1月10日から全5話が、WOWOW「ドラマW」枠にて放送されました。

 

原作とは一部設定が変えられた部分がありますが、原作の世界を壊さずに一人の警察官の生きざまを追っていきます。

 

主人公・柴崎 令司を演じるのは田辺 誠一さん。

 

このドラマはこれまでの警察モノとは違い、現場で奮闘する警察官の活躍を描くのではなく

いわゆる「事務方」と呼ばれる人のストーリーです。

 

表現の仕方は難しかったと思いますが、さすが田辺 誠一さんだと感じました。

 

また、柴崎の上司にあたる助川 雄一役の嶋田 久作さんが、独特の世界観を持っていて引き込まれてしまいます。

 

刑事たちが走って格闘して犯人を逮捕、というストーリーを求めているひとには少し物足りないかもしれません。

しかし、その分リアリティがあり、実際にあったことのように視聴者に思わせます。

 

淡々と進んでいく物語ですが、根底にある力を感じました。

「撃てない警官」のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

なべこ(@g.nabeko.d3)がシェアした投稿

30代という若さで警部に昇進し、警視庁のなかでも一握りのエリート候補となった柴崎 令司

警視庁総務部で係長を務めながら、ただ昇進だけを虎視眈々と狙っています。

 

実は、令司には現場での犯人逮捕の経験はありませんでした。

 

周囲に合わせながら、ときには自分を押し込めて、出世街道をひた走ってきたのです。

 

ある日上司である中田から、部下の木戸 和彦巡査部長を射撃訓練に参加させるよう指示がありました。

令司はその命令に従って、木戸を訓練に向かわせます。

 

ところが木戸うつ病を患っており、射撃訓練が終了した直後、トイレで拳銃自殺をしてしまいました。

 

中田からの指示によって木戸を訓練に参加させたはずでしたが、その記録は何者かの手によって消されていたのです。

 

令司は責任を負って、足立署警務課という一所轄署へ左遷されることに。

 

中田の名で令司に電話をし、木戸を射撃訓練に参加させるように指示したのはいったい誰だったのか。

捜査を続ける令司でしたが、事件の真相解明より本庁復帰に執念を燃やすようになり…。

「撃てない警官」の見どころ

なかなかの秀作ドラマだと思います。

 

現場でキッタハッタの逮捕劇を繰り広げている警察官は、毎日が命がけ。

それはもう、ご苦労も多かろうと思います。

 

ただこのドラマは、そういうこととは離れた場所にいるエリート集団の闇を、視聴者に教えてくれているんですね。

彼らもまた「出世街道での競争」という点では、ある意味命がけなのかもしれません。

 

田辺 誠一さんが演じる熱くなりすぎない令司像が、リアリティがあって秀逸でした。

浮いた感じではなく、説得力があるんですね。

 

とにかく、惹きつけられるドラマだと思いました。

「撃てない警官」みんなの感想は?

「撃てない警官」をフル動画で見るには?

この作品を全篇見たいけど、どうしたらいいかしら…。

「撃てない警官」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

 

なかでもおすすめなのは、31日間の無料トライアルがあるU-NEXTです♪

 

 

U-NEXTがおすすめのポイントは?

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 無料期間後は月額2,189円(税込)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
  • ジャンルが充実!
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。

 

U-NEXTで、安全に「撃てない警官」を視聴しましょう。
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

 

「撃てない警官」見るならU-NEXTで!

 

 

本ページの情報は2021年5月25日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

「撃てない警官」についてまとめ

全5話ではありますが、かなり内容的には濃いものになっています。

 

左遷される前はそれほどでもなかった令司ですが、足立署へ配属されてから少しずつ変わっていくんですね。

 

出世を願うだけではなく、警察官としての本当の仕事のおもしろさにも目覚める令司

上司に陥れられ左遷となりましたが、結果的にそれで成長できたのではないかと思います。

 

令司をひとりのサラリーマンと考えると、彼に共感できるのではないでしょうか。

とにかく、今まで見てきた警察ドラマとはまったく違うものである、ということはハッキリしています。

 

 

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

ネットで気軽にDVD・CDレンタル「ゲオ宅配レンタル」