「食べるい草」って知ってる!?食物繊維が豊富で、現代人にピッタリの健康食品なんだって!

近年、日本人の食生活は欧米化が進み、腸内環境が乱れている人が多いと言われています。

胃腸の調子がすぐれず体調を崩してしまったり、便秘がちになったり。

 

ことに最近の自粛生活で、人知れずストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

本来の健康な体を維持するためには、まずは腸内環境を整えることが大切。

自然の栄養素で、食物繊維を摂れると安心ですよね。

 

そんななか話題となっているのが、「い草」なんです。

 

畳を作るのに使う「い草」には食用のものがあり、それを健康食品に入れることで手軽に食物繊維が摂れるのだとか。

 

今回は、健康食品「食べるい草」についてホリサゲます!

 

「い草」って食べられるの!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆり(@yuririyu200)がシェアした投稿

「い草」と聞けば、畳しか思い浮かびませんよね。

 

日本人ならどこかホッとする、爽やかな香り。

気持ちが落ち着くのはわかりますが、食べるとなると「ん?」と思うかもしれませんね。

 

実は「い草」には、畳に使う加工用無農薬で栽培された食用とがあるんです。

 

「い草をすりつぶして飲めば、お腹の調子が良くなる。」

 

かねてから、畳職人さんのあいだでこのように話されていました。

調べてみると、「い草」には食物繊維が豊富に含まれていることがわかったのです。

 

そんな「い草」10世紀にはすでに薬草としての記述がある医書が発見されています。

 

  • 煎じて飲めば、感染による炎症を抑え、水腫の改善に役立つ
  • 焼いて灰にしたものは、のどの疾患を和らげる作用がある

 

当時の人々は、「い草」生活に役立てていたんですね。

江戸幕府の医療施設であった小石川養生所(現小石川植物園)にもイグサが標本植物として栽培されており,このような事実をあわせても江戸時代まではイグサを薬草として使用していたことが示唆されます。

引用元:い草の効能

 

 

「い草」を食べるメリットは?

「い草」には豊富な食物繊維が含まれており、二週間続けて摂取すると排便の回数が増えるのだとか。

体のなかからキレイにすることで、ダイエッターにもおすすめなんです。

 

「い草」研究の第一人者・北九州大学の森田 洋教授が発表したところによると

「い草」摂取する調査をした被験者のほとんどに、ウエストサイズの減少が見られたそうです。

 

なんと平均して、4.6cmの減少だったというのですから驚きですよね。

 

また、活性化酸素の吸収の抑制効果があり老化防止

そして、食中毒に対する抗菌作用もあるそうです。

 

まさに、現代人にピッタリだと思いませんか?

 

IGUSAプロテインのいぐさとは??食べる畳でダイエット??|BASE Mag.

 

「い草」はマタママさんにもおすすめ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

大里畳店(@osatotatami)がシェアした投稿

「い草」には食物繊維のほかにも、ミネラルビタミンなどが多く含まれています。

栄養価の高い野菜としても知られているんですね。

 

なかでも、貧血の予防改善に役立つ葉酸がタップリ!

 

妊娠中の女性はもちろん、これから妊娠の予定がある人も、積極的に摂りたい栄養素が葉酸です。

妊娠活動期~妊娠初期には、通常の240μgに加えて400μg/日の摂取が必要だと言われています。

 

いろいろな葉酸を含むサプリメントが出回っていますが、「い草」も活用してみてくださいね。

葉酸は貧血の予防改善に役立つため、妊婦さんにもオススメ!

引用元:オーサムスタイル 【あさチャン】食べる「食用い草」が話題!妊婦さんにもオススメ、栄養たっぷりスーパーフード!

 

 

「食べるい草」ネットの反応は?

 

「食べるい草」についてまとめ

「い草」に含まれる栄養は、ほかのどんな野菜にも負けないほど豊富なことがわかりました。

 

畳は床に敷いてもリラックスした気分になれますし、消臭効果や抗菌作用まで備わっています。

 

そのうえ、食べても健康になれる「い草」

まさに、スーパーグラス(超スゴイ草)なんですね!\(^o^)/

 

日本を代表する植物「い草」を、もっと身近で活かしていきたいですね!