【ネタバレなし】「反撃のレスキューミッション」あらすじと見どころ!フル動画を見るには!?

この記事では、ドラマ「反撃のレスキューミッション」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、ドラマ「反撃のレスキューミッション」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「反撃のレスキューミッション」とは

「反撃のレスキューミッション」キャスト

ジョン・ポーター(元特殊部隊隊員):リチャード・アーミティッジ
ヒュー・コリンソン(セクション20チーフ):アンドリュー・リンカーン
レイラ・トンプソン(セクション20隊員、ヒューの部下):ジョディ・メイ
ジェームズ・ミドルトン(MI6長官):コリン・サーモン
ダニー・プレンディヴィル(セクション20特別諜報員):シェリー・コン
アレクサンドラ・ポーター(ジョンの娘):ローラ・グリーンウッド
ダイアン・ポーター(ジョンの妻):ニコラ・スティーヴンソン
ケイティ・ダートマス(ジャーナリスト、元大臣の娘): オーラ・ブラディ
アサド(ジョンが助けた、顔に傷のある少年):フェナル・ムハンマド・アリ

「反撃のレスキューミッション」スタッフ

製作総指揮:アンディ・ハリース、エレイン・パイク
プロデューサー:アンドリュー・ベンソン
監督:ダニエル・パーシヴァル、エドワード・ホール
脚本:ジェド・マーキュリオ、アラン・ホワイティング、ロバート・マーフィ
音楽:イラン・エシュケリ、スコット・シールズ

「反撃のレスキューミッション」の概要

2010年5月5日から、イギリスSky1にて放送された戦争アクションドラマです。

ベストセラー作家で、元SAS(イギリス特殊空挺部隊)隊員だったクリス・ライアンさんの同名小説がもとになっています。

 

国防参謀部にあるとされるセクション20という架空のセクションが、物語の舞台。

あるミッションでミスを犯してしまったジョン・ポーターが、特殊部隊隊員として復職する様子を描いています。

 

国を守るということの重責、自ら戦場へ戻る姿をただ見守るだけの家族。

自分の経験をもとに、みごとに描き切ったクリス・ライアンさん。

 

そしてリチャード・アーミティッジさんの鍛え抜かれた体の肉弾戦は、手に汗握ります。

 

「臨場感」「リアリティ」

このことばに尽きるドラマです。

スポンサーリンク

「反撃のレスキューミッション」のあらすじ

2003年イラク戦争が開戦したとき、イギリスの軍事企業の責任者がイラクで拉致されました。

人質奪還作戦の指揮を執ることになった、SASのジョン・ポーター

 

人質がとらえられている場所へ乗り込んだところ、体に爆弾を巻きつけた少年が立ちふさがりました。

 

「撃て!射殺しろ!」

 

命令は聞こえていましたが、ジョンは顔に傷のある少年の目に恐怖を感じとります。

 

そこで構えていた銃を下ろし、少年の体と爆弾を結んでいたコードを切断しました。

感謝のことばをつぶやく少年でしたが、のちにこれがジョンのミスとなります。

 

作戦遂行中に部下がイラク人に撃たれ、死なせることになってしまったのです。

 

それ以来ジョンは自分の責任を感じ、隊を辞め、すさんだ生活を送るようになりました。

 

あれから7年、再就職も決まらず、妻と娘も実家に帰ったきり疎遠に。

あれほど嫌がっていた警備員の仕事を、MI6の駐車場でするハメになってしまいました。

 

ある日イギリス人女性ジャーナリストが、イラクで取材中に車から誘拐される事件が起こります。

同乗者は射殺され、彼女はどこかへ連れ去られることに。

 

しかしその直前、彼女は携帯電話で犯人グループの一人の顔を写真に撮っており、その写真が公開されました。

 

顔に傷のある、まだ子どものような目をした青年…。

そう7年前にジョンが助けた、あの爆弾少年だったのです。

 

ジョンはニュースを見るなり、かつてSASで同僚だったヒュー・コリンソンのところへ向かいました。

ヒューは現在、政治的に困難な局面を打破するためのチーム「セクション20」のリーダー。

 

女性ジャーナリストを奪還するため、助けた少年がテロ行為に加担するのをやめさせるため。

 

ジョンは自分をイラクへ行かせるよう、ヒューに直談判しに行くのでした…。

スポンサーリンク

「反撃のレスキューミッション」の見どころ

イギリスの特殊部隊SASと、イギリス情報局秘密情報部MI6の共演です。

おもしろくないはずがありません!

 

ストーリーの展開がはやく、見ている方も気が気ではない…(笑)。

刻々と状況が変わっていく様子は、まるで大人気ドラマ「24」のようです。

 

主人公ジョン・ポーターを演じるのは、リチャード・アーミティッジさん。

「S.A.S. 英国特殊部隊」「MI-5 英国機密諜報部」の出演もあり、所作にまったく違和感がないんですね。

 

身のこなしが本物のSAS隊員のようで、とてもカッコいいです。

 

そしてジョンのかつての同僚で復職を決定したヒュー・コリンソン役は、アンドリュー・リンカーンさん。

言わずと知れた、「ウォーキング・デッド」リックです。

 

セクション20という難しいチームを率いるリーダーとして、貫禄十分の姿。

 

この二人が、SAS時代のようにともに作戦に当たります。

 

しかし、このドラマは人質を取り戻すだけではありません。

その作戦の背後には、さまざまな陰謀が渦巻いているんですね。

 

その件についてお話ししたいですが、できません…(^▽^;)

 

そんな陰謀と、激しいアクションが見どころの本作。

銃弾が飛び交う戦場のシーンなどは、まるで一本の映画を見るような迫力です。

 

ドラマの枠を超えた戦場アクションを、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

「反撃のレスキューミッション」についてまとめ

イギリスの特殊部隊出身の原作者クリス・ライアンさんだからこそ、描くことができた臨場感。

当時の中東の情勢を見ても、リアリティのある作品です。

 

見て、損はありません!

 

ことの真相は、最終シリーズで明らかになります。

イッキ見をおすすめします。

スポンサーリンク

「反撃のレスキューミッション」を見るには?

結末が気になるけど、DVDをレンタルするのは面倒だなぁ…。

「反撃のレスキューミッション」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

なかでもおすすめなのは、2週間の無料トライアルがあるHuluです♪

 

 

Huluがおすすめなのは、どうして?

  • 2週間の無料お試し期間がある!
  • トライアル終了後は、月額1,026円(税込)で100,000本以上の作品が見放題!(※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金)
  • テレビ・ゲーム機・パソコン・スマホ・タブレットなど、様々な機器に対応!
  • ダウンロード機能を使えば、インターネット接続なしで視聴可能!
  • 1つのアカウントで、最大6つまでプロフィール設定が可能!家族みんなで楽しめる!
  • 決済方法が多彩で、好きなものを選べる!
  • オリジナルコンテンツも豊富!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。

 

Huluで、安全に「反撃のレスキューミッション」を視聴しましょう。
※2週間の無料トライアル中に解約しても、料金はいっさい発生しません。
「反撃のレスキューミッション」見るならHuluで!

 

 

本ページの情報は、2022年6月9日時点のものです。最新の配信情報は、Huluサイトにてご確認ください。

 

テキストのコピーはできません。