「早坂信哉」は温泉療法専門医!彼が提唱する、入浴で健康になる方法とは?

気温がさがってくると、恋しくなるのがあたたかいお風呂。

勉強も仕事も忘れて、ゆっくりと湯船につかりたいと思う人も多いでしょう。

 

それに家のお風呂だけではなく温泉に入れば、さらに疲れも吹っ飛ぶ!という気持ちになりますよね。

 

効果的で実践的という観点から、お風呂や温泉の利用の仕方を研究している人がいます。

 

それが、「早坂信哉さん」です。

 

「早坂信哉さん」は、医学博士であり温泉療法専門医でもあります。

 

彼が提唱する、入浴で健康になる方法とは、いったいどういうものなのでしょうか。

 

今回は、温泉療法専門医「早坂信哉さん」についてホリサゲます!

「早坂信哉」ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinya Hayasaka(@hayasaka_bath)がシェアした投稿

「早坂信哉」の経歴

1968年、宮城県生まれ。
1993年、自治医科大学医学部卒業後、地域医療に従事。
1998年、自治医科大学大学院医学研究科にて入浴に関する調査研究を開始。
2002年、自治医科大学大学院医学研究科修了。

「早坂信哉」が持つ現在の職名

東京都市大学人間科学部教授
東京都市大学大学院総合理工学研究科教授
総合研究所子ども家庭福祉研究センター長
一般財団法人日本健康開発財団温泉医科学研究所所長
一般社団法人日本温泉気候物理医学会理事
​(日本医学会分科会学会)
一般社団法人日本銭湯文化協会理事
​日本入浴協会理事
博士(医学)、温泉療法専門医
​日本温泉気候物理医学会評議員

引用元:早坂信哉 略歴「職歴」

「早坂信哉」はお風呂・温泉の専門家

 

この投稿をInstagramで見る

 

理系美容家かおり(@ringringkaoring)がシェアした投稿

「早坂信哉さん」は、入浴や温泉に関することを医学的に研究する専門家です。

 

またサウナや岩盤浴など温熱浴なども研究しており、テレビ出演の機会も多くなっています。

 

さらに、日常的に行う入浴という行動から、免疫力を上げる方法も!

 

免疫力アップには、血流の改善が不可欠。

とは言っても、特別なことをすすめているわけではありません。

 

「40℃、10~15分、全身浴」を継続する。

 

これが「早坂信哉さん」が挙げる、入浴のポイントなんだとか。

40℃10~15分の入浴法では血流が3~5倍に改善しますので血流改善という観点からも入浴はお勧めです。

引用元:All about「お風呂で免疫力が上がる」って本当?体にいい入浴のポイント

「早坂信哉」が考える健康的な入浴法とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seiwado.Book.Store.(@seiwado.book.store)がシェアした投稿

毎日湯船につかる習慣があるのは、日本人だけだと言われています。

そんな日本人が長生きなのは、お風呂に入る習慣があるから、という説もあるのだとか。

 

「早坂信哉さん」は何十年にも渡って、日本人の入浴習慣を研究してきました。

 

日本は温泉大国であることが、入浴好きな国民性につながっていると考えています。

 

お風呂につかれば、血流もよくなり心身がリラックスします。

体があたためられることで気分がスッキリし、疲れが取れたように感じる。

これは、血流の改善によるものだと言えます。

 

これは筋肉のコリをほぐすことにも、また睡眠の質を高めることにつながります。

このリラックス効果が、体を健康に保つことにつながっていくのです。

 

では、健康的な入浴法とはいったいどんなものなのでしょうか。

 

それは簡単です。

「40℃のお湯を浴槽に入れ、10分間肩までつかるだけ」

 

これにより、副交感神経が刺激され体の緊張が取れていきます。

 

「心地よさ」を毎日続けていくことが、何よりも健康を保つ方法なのだと言えますね。

額に汗が出てきたら、十分に体が温まってきたサインだ。難しく考えることはない。新型コロナウイルス禍をはじめストレス多き時代、浴槽にたっぷり湯をためて、お風呂で心身ともにリラックスしよう。

引用元:nippon.com「お風呂研究20年の医師が教えてくれた最高の入浴法

「早坂信哉」についてまとめ

日本人が毎日何気なく行う、「入浴」という習慣。

深く考えたことはありませんでしたが、健康を保つためにとても大切な行為であることがわかりました。

 

「早坂信哉さん」が提唱する健康的な入浴法とは、実に簡単です。

 

湯船にゆったりとつかるだけでリラックス効果が得られ、体調も整えられるのです。

 

最近では、「風呂活」ということばも聞かれるようになりました。

 

「早坂信哉さん」のおすすめ方法で、私たちも入浴してみましょう♪

 

 


 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
今日もホリサゲ!