「今井 志保子」はカラープロデューサー!あなたのパーソナルカラーはどんな色?

Prashant SharmaによるPixabayからの画像

テレビや新聞・雑誌など、多くのメディアで幅広い活躍をしている「今井 志保子さん」

“カラープロデューサー”というお仕事を通して、私たちの暮らしをもっと楽しくする方法を教えてくれています。

 

「色」は私たちの美しさや心の感覚を、もっと上昇させてくれる「今井 志保子さん」は言います。

 

普通の日常をもっと彩りよく過ごすためのカラーテクニックとは、いったいどんなものなのでしょうか。

 

今回は、カラープロデューサー「今井 志保子さん」についてホリサゲます!

 

「今井 志保子」ってどんな人?

今井志保子さん
出典:All About

「今井 志保子さん」は、メーカー宣伝部をへてアクセサリーブランドのプレスとして活躍した経験を持ちます。

 

2000年に独立、“カラープロデューサー” となりました。

 

色が、私たちの外見も内面も美しくしてくれる、魅力的にしてくれるという理論を展開。

これは「imaism」と呼ばれる、「今井 志保子さん」独自のパーソナルカラー理論です。

 

雑誌やテレビなどで執筆・監修などを行い、ご自身もメディアに出演。

 

またイベント参加や商品開発なども精力的に行うなど、忙しい毎日を過ごしています。

 

個人カウンセラーとしても活躍中。

 

多方面でひっぱりだこの、「今井 志保子さん」なんですね。

 

「今井 志保子」が開発した “imaism” って何?

このワンピ、夫からの誕生日プレゼント😍

今井志保子さんの投稿 2020年4月9日木曜日

「今井 志保子さん」が開発した“imaism”とは、どんなものなんでしょうか。

 

毎日がもっと楽しく、ステキに過ごせるように。

そしてもっときれいになれるようにという、カラーアドバイスのことなんです。

 

さまざまな角度の観点から、自身のパーソナルカラーを見つけること。

これが、外見も内面も魅力的になれるポイントです。

 

例えば、年令があがってくると地味なくすんだ感じの色を選びがち

洋服選びも、少しずつ定番の色に固定してしまいがちです。

 

しかしはたしてその色は、似合っているのでしょうか。

 

「選ぶ色」「似合う色」は違うんですよね。

 

年令に合わせた消極的な色ではなく、自分に似合う色を知ること。

そうすれば写真の写り方も変わりますし、肌のツヤもさらに増して見えるようになります。

 

結果的に自分に自信を持つことができるようになり、内面からも美人に生まれ変わることができるんですね!

いくつになっても、ご自身にぴったりの似合う色を知れば、自信をもっておしゃれを楽しむことができ、色で美人に生まれ変わることも夢ではないはずです。

引用元:暮らしのこれから “暮らしの達人にインタビュー!”

 

「今井 志保子」はどうしてカラープロデューサーをめざしたの?

実は「今井 志保子さん」ご自身の結婚式で満足できない衣装選びをしてしまったんだそうです。

 

お母さまが派手婚で有名な地域のご出身だったため、結婚式から二次会までの間にお色直しを6回もする式に!

衣装担当とは何度も打ち合わせをし、本当に「いい衣装」を選んだつもりだった「今井 志保子さん」でした。

 

しかし式の写真ができあがってみると、なぜか一着だけ顔色が悪く冴えない印象になっていたと言います。

 

「色が似合っていなかったのでは?」

 

知り合いに言われてはじめて、衣装のデザインではなく色が自分に合っていなかったことがわかりました。

 

そのことがキッカケで色に興味がわき「色が持つパワー」について考えることになったのだとか。

 

ファッション業界に長らく身を置いていたことも、カラープロデューサーへの道に進むためのポイントとなりました。

 

身につけるものは、工夫して心から楽しむ
好みや流行も取り入れる
柔軟な発想で「色」を考える

 

これが、「今井 志保子さん」の思い。

それを伝える人になるために、東商カラーコーディネーター検定1級の資格を取得。

 

こうして、「今井 志保子さん」カラープロデューサーとして活動するようになったのです。

 

カラープロデューサーって何をする人なの?

只今絶賛発売中💗人気女性誌『バイラ』8月号で「きれい色ワンピ」診断を。似合って夏映えする色がみつかりますように✨色でファッションで笑顔になりますように😊そんな願いをこめて〜緊急事態宣言解除あけの初仕事なのでした。

今井志保子さんの投稿 2020年7月22日水曜日

カラープロデューサーとは、パーソナルカラーのカウンセリングをする人のこと。

 

しかし「今井 志保子さん」はそればかりではなく、幅広い活動をしています。

 

メディアに出演することはもちろん、色が持つメッセージ性の活用術も教えてくれています。

「色彩心理効果」と呼ばれるもので、それをどのように日常生活に役立てるかという方法です。

 

ビジネスシーンでは、爽やかで信頼できる印象を持ってもらうにはネイビー・ホワイトなどを使うこと。
優雅でたおやかな印象を持ってもらうには、ベージュ・ピンクなどで演出すること。
雨の日に傘の色を工夫するだけでも、気分が上がって楽しく過ごせること。

 

そんな身近な「色の選択」を提案してくれる、「今井 志保子さん」なんです。

色に関することなら、衣食住どんなことでもオマカセください。
似合う色(パーソナルカラー)から色彩心理学の分野まで、色のすべてに対応させていただきます。

引用元:imaism FASHION COLLAR ACADEMY WORKS

 

カラープロデューサー「今井 志保子」についてまとめ

ビジネスでも、家族のなかでも、毎日の食卓でも。

「色が持つパワー」日常生活に深くかかわり、役立っています。

 

身につけるもの一つで、その人の印象は大きく変わります。

 

「元気になりたい」

「上品に見せたい」

「誠実さを印象付けたい」

 

どう見られたいかを演出することは、人との関係性においてとても大切なことです。

 

今日の自分に、この色はしっくりこない…

 

そんな違和感を覚えたときは、「色が持つパワー」を思い出してみましょう。

どうしたら違和感を解消できるのかそれを考えながらカラーコーディネートを実践すればいいのです。

 

「何歳になっても、色のセンスは磨くことができる」

 

そう教えてくれる「今井 志保子さん」なんですね。

 

 

 

「井崎 英典」はアジア初のバリスタ世界一!一杯のコーヒーで人生が変わるかも!?
忙しい毎日ですが、コーヒーブレイク・タイムを持つのもいいですよね。 おいしいコーヒーで一息ついたあとは、さらに仕事に勉強に集中できるような気がします。 手軽・時短でインスタント・コーヒーもいいのですが、丁寧にドリップして...
「中島由佳」はゴムホースマニア!ハマる魅力はどこにあるの?
マニアとしてゴムホースの写真を撮り続ける写真作家「中島由佳さん」についてまとめました。ゴムホースの姿と佇まいに魅せられ、これまで10年以上に渡ってゴムホースの写真を撮ってきた中島さん。そこまで人を惹きつける魅力が、ゴムホースのどこにあるのでしょうか。









 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
今日もホリサゲ!