着物の達人「シーラ・クリフ」について調べてみた!どうして着物が好きになったの?

和服女性
スポンサーリンク

皆さんは、着物を着る機会ってどれくらいありますか?

お正月とか結婚式とか、そういう特別な日にしか着ない人が多いのではないでしょうか。

 

日本固有の衣装だというのに、ちょっと寂しいですよね。

 

今回ご紹介するシーラ・クリフさんは、イギリス出身にもかかわらず着物の魅力に引き込まれ

旅行で訪れただけの日本にそのまま住むことにしたという、信じられないような経歴の持ち主。

 

日本人でもあまり身につける機会がなくなった着物を、心から愛してくれるシーラ・クリフさん。

いったいどんな人なのでしょうか。

 

今回は、着物研究家シーラ・クリフさんについてホリサゲます!

スポンサーリンク

「シーラ・クリフ」ってどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheila Cliffe(@kimonosheila)がシェアした投稿

シーラ・クリフさんのプロフィール

名前:シーラ・クリフ(Sheila Cliffe)
生年月日:1961年生まれ(誕生日はわかりませんでした)
出身地:イギリス ブリストル
職業:着物研究家、大学教授

シーラ・クリフさんの経歴

1983年:ロンドン大学卒業
1985年:知人の誘いを受け来日
1987年から1989年にかけ:テンプル大学日本校 修士課程修了 教育学修士(英語を教える資格を取得)
1992年:鈴屋着物学院で着付師、着付け教師3級を習得
1992年以降は、様々な大学・学校で講師を務め、現在は十文字学園女子大学で英語と着物文化を教える教授です。

「シーラ・クリフ」と着物の出会いは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheila Cliffe(@kimonosheila)がシェアした投稿

シーラ・クリフさんが着物を知ったのは

シーラ・クリフさんが着物と運命の出会いをしたのは、24歳のとき。

ロンドン大学を卒業し、知人の誘いを受けて夏に日本を訪れたときだったそうです。

 

当時のシーラ・クリフさんは、日本と中国の違いさえわからないほど関心がなかったんだとか(^_^;)

 

しかし初めて見た日本の街並みはエネルギーにあふれ、過去と現代が入り混じった独特の空間でした。

 

例えば、高層ビルが立ち並ぶ最先端の街中に、ふと小さな地蔵が祀ってあったりしますよね。

そんな場所を地図も持たず歩くことが、とても楽しかったと言います。

 

そんなシーラ・クリフさん、焼き物を目当てに足を運んだ骨董市で

色鮮やかにズラリと飾られた絹の着物を見て、すっかりとりこになってしまったんだとか。

「初めて買ったのは、真っ赤な無地の長襦袢(じゅばん)。でも、友人が『それはペチコート(スカートの下にはく下着)のようなものだよ』と教えてくれたんです。『こんなに美しいものが下着だなんて!』と驚くのと同時に、着物への興味が一層湧いていったのです」

引用元:CLUB S WEB Magazine「Monthly FACE~極める人々~

どうしてそこまで着物を好きになったの?

シーラ・クリフさんは、実は双子で妹さんがいます。

小さいころからお揃いの服を着せられ、よく妹さんと名前を間違えられていました。

 

それがとてもイヤだったシーラ・クリフさんは、着物にオリジナリティを見つけます。

「私は私、他の誰でもない」というメッセージを、着物という個性的なファッションで表現したかったのです。

 

確かに着物は、柄・色合わせ・袖・小物。

どれ一つとっても、人と同じにはなりませんよね。

 

そんなKIMONOファッションは、シーラ・クリフさんの心に大きく響くものだったのでしょう。

「シーラ・クリフ」の着物愛

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheila Cliffe(@kimonosheila)がシェアした投稿

シーラ・クリフさんは、子どものころからファッションやアートに興味がありました。

そして布や織物・染料などにも、深い造詣を持っています。

 

見た目の華やかさだけではなく、やわらかい手触り・デザインの美しさ。

 

着物がシーラ・クリフさんの心を奪ったのは、数えきれないほどの魅力があったからです。

 

そんなシーラ・クリフさんは、一年365日着物を着続けています。

もちろん、教鞭をとる十文字学園女子大学でも着物で授業を行っているそうです。

 

「着物の美しさ」「日本とイギリスの文化」「ファッション社会学」

 

着物姿のシーラ・クリフさんが教える授業は、さぞ楽しいものでしょうね。

着物研究家「シーラ・クリフ」についてまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sheila Cliffe(@kimonosheila)がシェアした投稿

着物をテーマに、博士号まで取得したシーラ・クリフさん。

そのときの論文をベースにして、本も出版しています。

 

これからは着物ファッションショーを開催したり、数々のイベントにも参加したいと考えているそうです。

新しいことに取り組む意欲、見習いたいですね。

 

日本人よりも着物を愛するシーラ・クリフさんの活躍、これからも楽しみです。

 

「松下 操」は名刺を作り続けて30年!ある業界専門の名刺作りの達人で…!
ホスト・キャバ嬢専門の名刺作りの達人「松下 操さん」についてまとめました。ご自身もホストの経験がある「松下 操さん」。名刺一枚の印象が、どれほどその人を物語るか身をもって知っている人です。過去の経験を活かし、名刺作りに励む「松下 操さん」に迫ります。
「中島由佳」はゴムホースマニア!ハマる魅力はどこにあるの?
マニアとしてゴムホースの写真を撮り続ける写真作家「中島由佳さん」についてまとめました。ゴムホースの姿と佇まいに魅せられ、これまで10年以上に渡ってゴムホースの写真を撮ってきた中島さん。そこまで人を惹きつける魅力が、ゴムホースのどこにあるのでしょうか。

 

 

SHEILA KIMONO STYLE (かもめの本棚) [ シーラ・クリフ ]

価格:1,650円
(2021/1/29 14:50時点)
感想(4件)

 

 

 

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
スポンサーリンク
今日もホリサゲ!