「北海道積丹のウニ」は今が旬!赤ウニと白ウニの違いは?どこで食べられるの?

北海道にはたくさんのおいしいものがありますが、ちょうど今は積丹(しゃこたん)地方「ウニ」が旬です。

 

朝に採ってきたばかりの新鮮なウニを、白いご飯に豪快に乗せて「ウニ丼」

想像しただけでも、なんだか幸せな気分になりますよね。

 

ところで、そのウニには、赤と白があることを知っていますか?

 

今回は、積丹地方のウニについてホリサゲます!

今すぐにでも、食べに行きたくなっちゃいますよ!(笑)

積丹のウニの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

④❹River◡̈⃝(@m.asa25)がシェアした投稿

北海道西部、日本海側に位置する積丹半島。

「積丹ブルー」と呼ばれる、青く透きとおった美しい海が広がっています。

 

そこでウニは、粘りのある細目昆布を食べて成長します。

栄養豊富な昆布をたくさん食べて、味が濃く甘みが強いのが特徴。

 

しかし水揚げされたほとんどが、地元で消費されています。

積丹町から町外へ出ることはあまりないので、まさに「ここでしか味わえない」のです。

 

つまりどこよりも新鮮なウニが食べられる、絶好のスポットなんですね。

 

6月から8月にかけて解禁となるウニ漁。

そこで採れるウニは、夏の味覚の王様です。

 

クリーミーで濃厚なウニを味わうためだけに、積丹を訪れる人も大勢います。

 

この時期を逃す手はありません!

積丹のウニには赤と白がある

 

この投稿をInstagramで見る

 

adachi(@adachi402)がシェアした投稿

積丹で味わえるウニは、二種類。

「赤ウニ」「白ウニ」です。

 

違いは、身の色を見れば一目瞭然。

呼び名は違っても、どちらも個性があって甲乙つけがたいと思います。

「赤ウニ」とは

赤ウニ

「赤ウニ」とは短いトゲがまるで栗のような、「エゾバフンウニ」です。

 

その名のとおり、身が濃いオレンジ色で甘みが強いのが特徴。

収穫量が少なく、地元でも高級品とされています。

 

積丹でも最高級品と言われ、限定数しか提供しない店がほとんど。

 

食べてみたいと思ったら、誰よりも早起きする必要があります。

「白ウニ」とは

白ウニ

黒っぽく長いトゲのある「キタムラサキウニ」

これが「白ウニ」と呼ばれるウニです。

 

身は薄く黄色がかっており、しつこくない甘さはとても上品です。

 

丼にしても、最後まで飽きずに食べられる優しい味わいが特徴。

クリーミーな食感は、まさに「究極の丼」

「ウニ」豆知識

 

この投稿をInstagramで見る

 

木浪漁業部(@yoshomaru)がシェアした投稿

日本は「ウニ」消費量世界一

日本人はウニが大好き。

世界で一番、ウニを食べているのは日本です。

 

その分、養殖の技術はもっとも進んでいると言われています。

 

しかし国内での生産だけでまかないきれず、世界各地からウニを輸入しています。

日本人が食べているウニの、なんと90%が輸入ものなんだとか。

 

だからこそ、旬のウニを直接産地におもむいて味わいたいですよね。

「ウニ」のどの部分を食べているの?

トゲトゲの、かたい殻に守られたウニ。

私たちが食べているのは、いったいどの部分なのでしょうか。

 

実は、私たちが食べているのは生殖巣」

その個体がオスであれば精巣を、メスであれば卵巣を食べていることになります。

 

ウニはどんなに大きくなっても、一つの殻のなかには5粒しか入っていません。

 

「活ウニ」を食べる機会があったら、ぜひ数えてみてくださいね。

「ウニ」に含まれる栄養は?

ウニの可食部分には、多くのビタミンAが含まれています。

 

皮ふの粘膜を正常に保つ

シミ・ソバカスの予防

 

そして消化吸収もよい食材なので、体力が衰えているときの栄養補給にピッタリと言われています。

 

健康食材としても、注目を浴びているのだとか。

ウニはビタミンAを多く含むため、眼精疲労の改善や、皮膚や粘膜の健康維持、免疫力の強化に効果があります。
また、抗酸化作用が強いビタミンEも多く含まれています。
その他のビタミン類も豊富で、やわらかく消化吸収もよいため、高齢者や体力が落ちている人の栄養補給に適した食材です。

引用元:from Food ウニ

積丹でおいしい「ウニ」が食べられるところ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomomiが見た世界(@t0m0m1_nature)がシェアした投稿

みさき

観光客だけではなく、地元積丹町民も訪れる有名店。

 

一日20食限定「赤バフン生ウニ丼」は、一度は食べてみたい絶品です。

 

「ウニだけじゃなくて、別のものも食べたい」という人には、海鮮丼もおすすめです。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 積丹町その他

漁師の店 中村屋

先述の「みさき」と隣りあわせに建つ店。

こちらも、超有名店です。

 

やはりこの時期は混雑するので、行列は必至。

しかし並んでも食べたい「赤ウニ丼」です。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 積丹町その他

 食堂うしお

こちらのおすすめは、赤ウニと白ウニを同時に楽しめる「ハーフ丼」

二色のウニが盛られた丼は壮観です。

 

お腹に自信がある人は、ウニの量が二倍「生ウニ丼大盛」をどうぞ。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 積丹町その他

積丹の「ウニ」まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mitsuhiko Kimura(@keysan.mypp)がシェアした投稿

北海道民が「ウニ」と聞くと、まず思い浮かべるのが積丹のウニ。

 

ウニが旬の今、ウニ丼を食べるためだけに積丹をおとずれる人も多いはず。

 

積丹の人たちも、みなさん、それを知っています。

 

「積丹ブルー」美しい日本海と、おいしいウニ丼。

今しか味わうことができない、絶好のシチュエーションです。

 

良質の昆布を食べて育ったウニは、うまみも甘みも一味違います。

 

心ゆくまで楽しみたいですね。