このモフモフを守りたい!絶滅の危機と言われていた「山陰柴犬」を調べてみた!

「山陰柴犬」って聞いたことがありますか?

 

私たちになじみの深い柴犬には、地域別の系統として三種類の分類があります。

 

「山陰柴犬」はその名のとおり、山陰地方で大切に守られている犬種

 

かつて終戦のころには、絶滅の危機を迎えていた「山陰柴犬」

しかし地域の方たちの尽力により、大切に保存されてきました。

 

今回は、「山陰柴犬」についてホリサゲます!

「山陰柴犬」ってどんな犬?

「山陰柴犬」の歴史

日本犬の先祖は、縄文人とともに南方からやってきたグループと、弥生人とともに大陸から渡ってきたグループに分けられます。

 

「山陰柴犬」は後者、大陸から渡ってきた犬種と分類され韓国の珍島・済州島の犬たちに近いことがわかっています。

 

私たちが柴犬と聞いて一般的に思い浮かべる信州柴犬は、これとは違い南方からやってきたグループを祖先に持ちます。

 

つまり、「山陰柴犬」柴犬のなかでもルーツも特徴も違っている犬種なのです。

昭和50年代に行われた岐阜大学と名古屋大学の研究結果によると、山陰柴犬は後者のグループに分類され、韓国の珍島や済州島の犬と近い関係にあることがわかりました。一般的な柴犬である信州柴犬は、前者の南方ルートのグループに分類されるので、山陰柴犬とはルーツも特徴も違いがあると考えられています。

引用元:ドックドッグMAGAZINE 山陰柴犬ってどんな犬?

過去には絶滅の危機を迎えていた!

「山陰柴犬」は、日本の地域固有の地犬(じいぬ)と呼ばれる日本犬の一種。

古くから山陰地方に根差し、地域の人々とともに暮らしてきました。

 

ところが明治時代に入り、外国からさまざまなものが日本に入ってくるようになりました。

動物たちもそうです。

 

洋犬が飼い主に連れられて外国から日本にやってくるようになり、地犬と交配が行われるようになりました。

 

一時期は、日本犬が絶滅寸前まで追い込まれることになったそうです。

日本犬とは→柴犬・紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬・秋田犬
この事態を重く見た政府は、日本犬を守るべく天然記念物に指定。
犬たちの保存が、重要視されることになりました。

「山陰柴犬」の保存に心血を注いだ尾崎益三氏

日本犬の数の減少に危機感を覚えた鳥取県の故・尾崎益三氏は、「山陰柴犬」保護に乗り出します。

 

昭和初期に「犬も日本の大切な宝だ」と考え、あちこちを歩き回って優秀な地犬を借り受けました。

 

元々「山陰柴犬」猟犬として活躍してきた地犬。

良質な血統を残すことは、強い地犬を育てるために重要なポイントだったのです。

 

室町時代から続く旧家の尾崎家の庭は、犬だらけになったこともあったそうです。

 

しかしようやく50頭ほどまで増えたころ、戦争のために軍用犬に駆り出されたり食糧難で接収されたり。

 

終戦時には20頭まで減ってしまったのだとか。

しかも同じころ、犬の伝染病が流行。

 

残念ながら、「山陰柴犬」極限にまで減ってしまいました。

尾崎益三氏のお孫さんの哲氏 出典:産經新聞 「山陰柴犬」復活、絶滅危機からの奇跡

現在の「山陰柴犬」の保護・育成活動

伝染病が蔓延したあとも、県外にいた「山陰柴犬」によって絶滅の危機は回避できました。

 

しかし「山陰柴犬」一度の出産で2頭から3頭しか産まれず、犬のなかでは少産と言えます。

しかも発情期も少ないそうで、なかなか頭数が増えない時期が続いていました。

 

そんななか、「山陰柴犬」の愛好家たちは平成16年「山陰柴犬育成会」を結成。

飼育に関してのアドバイスや、繁殖のサポート、そして観賞会などの活動を地道に続けてきたのです。

 

近年になって「山陰柴犬」可愛らしく賢い風貌や、人間に対して温和で物静かである性格が人気を呼び

メディアやインターネットで取り上げられるようになりました。

 

「山陰柴犬」の人気はジワジワと上昇し、今ではおよそ450頭の仲間たちがいるそうです。

「山陰柴犬」を飼ってみたい!

「山陰柴犬」の特徴

「山陰柴犬」は一般的な柴犬と同じく、飼い主に従順であることはそのままで

さらに、物静かで無駄吠えをせず、忍耐強いのが特徴です。

 

耳は小さめ、頭の上部に前方を向いています。

 

足が長め、しっぽはクルンと巻いているのではなく「差し尾」と呼ばれるもの。

ひらがなの「つ」のような形をしています。

 

顔が小さく、シュッとした細身で筋肉質の体。

 

まるで、超一流のアスリートのような犬ですよね。

「山陰柴犬」を飼うには?

「山陰柴犬」を飼ってみたい!と思ったあなた。

彼らは、ペットショップで手に入る犬種ではありません。

 

本気で飼育したいと考えたなら、まずは「山陰柴犬育成会」まで問い合わせをしてください。

「山陰柴犬育成会」から直接譲っていただくしか、「山陰柴犬」を飼う方法はないのです。

 

また「山陰柴犬」を保存伝承することが目的の育成会ですから、飼育許可の基準は厳しいものがあります。

室内飼育や去勢・避妊手術を希望する人は、譲っていただけない場合も。

 

その点はご注意ください。

「山陰柴犬」についてまとめ

「山陰柴犬」は、地域の人たちとともに生き、大切に守られてきた希少犬種です。

 

犬は飼い主に似ると言いますが、「山陰柴犬」は奥ゆかしく物静かな性格。

感情表現も、しっぽをブンブン振るような派手さはありません。

 

それは寡黙で思慮深い山陰地方の皆さんに、似ていると言えるのではないでしょうか。

 

仲間として家族として、長い間、地方の人々に守られてきた証なのかもしれませんね。