洗濯のときだけじゃもったいない!もっと「粉末の酸素系漂白剤」を活用しませんか?

毎日のお洗濯に欠かせない漂白剤。

なかでも色柄ものにも安心して使える、「酸素系漂白剤」の名前はよく知られていますよね。

 

しかし「酸素系漂白剤」には粉末タイプと液体タイプがあり、どっちを使えばいいのかわからない人もいるかもしれません。

実は同じ漂白剤と言っても、粉末と液体では成分がまったく違うんですよ。

 

「酸素系漂白剤」はいろいろな用途に使える、とても便利なアイテム。

 

粉末タイプと液体タイプは、どう違うのか。

洗濯以外に、どんなシーンで活用できるのか。

 

そんな漂白剤についての基本的な情報を、いっしょに考えていきましょう。

 

今回は、清潔な毎日に欠かせない「粉末の酸素系漂白剤」についてホリサゲます!

そもそも「粉末の酸素系漂白剤」って何なの?

「粉末の酸素系漂白剤」とは

「粉末の酸素系漂白剤」とは、「過炭酸ナトリウム」を主成分として作られた漂白剤の一つ。

 

水をかけると、シュワシュワと泡が出るのを見たことがあるかもしれませんね。

これは汚れを分解する効果がある酸素の泡が、発生している状態です。

 

実はこの泡が、いろいろなシーンに活躍するんですよ♪

「粉末の酸素系漂白剤」の効果って?

酸素系漂白剤は、私たちの生活でできる「汚れ」全般に威力を発揮します。

ですから、洗濯から掃除まであらゆる汚れに活用できるんです。

 

使いこなせば、これほど便利なアイテムはありません。

  • 酸素の泡が、汚れを剥がし取る!
  • 主成分の過炭酸ナトリウムはアルカリ性、油汚れを分解!
  • 漂白効果で、雑菌をやっつけ繁殖を抑える!

これだけの効果があるのですから、上手に使って家事を楽に済ませたいですね( *´艸`)

酸素系漂白剤の粉末と液体の違いは?

試しに使ってみようと思って買いに行ったけど、粉末と液体があるのよね。違いは何なのかしら…。

売場には、タイプが違う酸素系漂白剤が並んでいますよね。

 

「どっちを買えばいいの…?」と悩んだ人も多いかもしれません。

効果に違いがあるのなら、自分に合ったタイプを買いたいですし。

 

実は同じ酸素系漂白剤と言っても、粉末タイプと液体タイプはまったく別のもの。

効果・作用にも違いがあるので、確認してみてくださいね。

粉末の酸素系漂白剤

「粉末の酸素系漂白剤」の主成分は、過炭酸ナトリウム。

液体タイプと比べて、漂白の力が強いです。

 

ということは、除菌の効果も強力

油汚れも強力に分解するパワーを持っているので、洗濯だけではなく掃除にも使えますよ

 

しかしパワーが強いぶん繊細な素材を傷めてしまうおそれがあるので、ウールや絹などには不向きです。

液体の酸素系漂白剤

液体タイプの酸素系漂白剤は、過酸化水素が主成分。

粉末タイプと比べて漂白の力は弱いものの、デリケートな素材にも安心して使えます。

 

傷口の消毒にも使われる成分ですので、扱いやすいのが特徴。

 

油汚れを分解する力はありません。

洗濯のときに洗剤といっしょに使うのが一般的です。

「粉末の酸素系漂白剤」おすすめ4選

❝オキシクリーン❞

「粉末の酸素系漂白剤」と聞いたら、まっさきにこの商品を思い浮かべる人が多いと思います。

とても人気の漂白剤で、洗濯から掃除までマルチに使える万能洗剤。

 

アメリカモデルには、洗浄効果を高めるために洗剤成分をプラスしたものもあるそうです。

こちらは洗いたての香りまで楽しめますよ。

 

❝クリアヒーロー❞

スーパーやドラッグストアの店頭で、よく目にする商品ですね。

「ワイドハイター」シリーズの粉末タイプの漂白剤です。

 

黄ばみ・黒ずみに威力を発揮する洗濯用の漂白剤ですが、量を調節すれば掃除にも使えます。

すぐれものですよ。

 

❝ワイドハイターEX業務用❞

こちらも「ワイドハイター」シリーズですが、特筆すべきは業務用であるということ。

なんと3.5㎏も入っているのです。

 

洗濯・掃除にガンガン使う人には、ちまちま買うよりもこのような大容量がいいですよね。

コスパもいいですし、手間も時間もかかりませんよ

 

ちなみに筆者も、これを使っています(・∀・)

 

❝住まいの魔法のパウダー❞

除菌・漂白・消臭の効果をいかんなく発揮してくれる、自然派の漂白剤です。

化合物なしの純度100%の無添加パウダーですので、ケミカルなものやニオイが苦手な人にも安心

 

「住まいの」と謳っているとおり、これ1つで家中の洗濯・掃除が完結しちゃいます。

 

「粉末の酸素系漂白剤」の使い方

いらすとや

毎日の洗濯に

「粉末の酸素系漂白剤」は普段の洗濯に、大活躍します。

洗濯洗剤と合わせて使うことで、さらに汚れを落とすパワーが強まります。

 

襟や袖口の汚れが付きにくくなったり、除菌作用でイヤなニオイが付きにくくなったり。

メリットがいっぱいですね。

 

さらに、泥汚れや食べこぼしのシミにも効果があります。

 

洗面器などにぬるま湯を入れ、スプーン3杯ほどの「粉末の酸素系漂白剤」を溶かします。

そこに汚れた衣類を漬けておきましょう。

 

30分ほど置いたら、そのまま洗濯機にイン!

洗剤だけでは落ちなかったガンコな汚れが、スルッときれいに落ちますよ。

洗濯槽の掃除に

洗濯槽の裏側は、洗剤カスやカビで意外と汚れているものです。

 

洗濯機にお湯を入れ、10リットルに対して80gほどの「粉末の酸素系漂白剤」を溶かします。

 

そのまま放置しておくと、ビックリするほど剥がれた汚れが浮いてきます。

ネットなどですくって、あとは通常どおりに1回運転させるだけ。

 

せっかく洗った洗濯物が何だか黒ずんでいる…と悩んでいる人は、ぜひ洗濯槽の掃除をしてみてくださいね。

 

毎日の洗濯に「粉末の酸素系漂白剤」を使うことで、この洗濯槽の裏側の汚れの発生も抑えることができますよ。

 

 

いらすとや

キッチンの掃除に

まずは、40~50℃くらいのお湯にスプーン3杯ほどの「粉末の酸素系漂白剤」を溶かします。

これで洗浄液の完成です。

 

そこに茶渋で汚れた食器や、焦げで汚れた鍋を浸してみましょう。

染みついた汚れが取れて、スッキリときれいになります。

 

口が狭くて手が入らない水筒や花瓶などの内側の汚れも、漬け置きするだけです。

 

シンクを洗浄液で磨けば、こびりついた黒ずみも落ちてピカピカになりますよ。

最後に排水口も、洗浄液でキレイにしちゃいましょう。

 

いらすとや

お風呂の掃除に

お風呂の掃除で一番気になるところは、排水口のヌメヌメではないでしょうか。

排水口は髪の毛やせっけんカスが溜まって、もっとも汚れやすいところです。

 

そんな汚れも粉末の酸素系漂白剤を使えば、触らずにキレイにすることができるんです。

 

排水口のまわりに、30gほどの「粉末の酸素系漂白剤」をふりかけます。

 

そこにシャワーでお湯をかけると、ブクブクと泡が出てきます。

30分ほど置いたら、洗い流してください。

 

こすらずとも、ピカピカになっちゃいます。

 

また浴槽に洗浄液を溜めて、イスや洗面器・浴槽のフタを漬けておくのもオススメ。

全体的にうっすらと黒ずんでいた浴槽のなかも、これでスッキリです♪

「粉末の酸素系漂白剤」を使うさいに気をつけることは?

便利なアイテム「粉末の酸素系漂白剤」

しかし、使うさいには気をつけなければならないことがあります。

 

これは漂白剤全般に言えることですので、覚えておくといいですね。

肌が弱い人は手袋が必要

肌が弱い人が、直接触ってしまうと手が荒れることがあります。

前もって、ゴム手袋などをつけて作業しましょう。

 

「粉末の酸素系漂白剤」の使い方では、漬け置き作業もよくあるシーンです。

この場合は、直接手に触れる可能性が高くなるので気をつけてください。

長時間の漬け置きはしない

漬けておく時間が長ければ長いほど、汚れ落ちもいいのではないかと思いますが実はそうではありません。

衣類の生地を、傷めてしまうことがあるのです。

 

漬け置きのさいは、6時間を限度としましょう。

とりあえず1時間漬けてみて汚れが落ちていなければさらに1時間…と、徐々に伸ばしていくのがよさそうです。

高温のお湯は使わない

ぬるま湯で効果を発揮するなら、熱いお湯だともっとキレイになるのでは…?と思ってしまいがち。

しかし、これも間違いです。

 

漂白剤を溶かすお湯の温度が高すぎると、漂白効果が早く進みすぎてちゃんとした効果が出ないことがあります。

それに、あまりに高温のお湯だと素材を傷めてしまいますよね。

 

漂白剤を溶かすお湯は、50℃以下を目安にしましょう。

落とせない汚れもある

万能な酸素系漂白剤ですが、落とせない汚れもあります。

それは、「水垢(カルキ汚れ)」です。

 

蛇口やシャワー周りでよく目にする水垢は、アルカリ性の汚れなんですね。

キレイに落とすには、反対の性質を持つ酸性の洗剤などを使う必要があります。

 

しかし酸素系漂白剤はその水垢と同じアルカリ性であるため、汚れを溶かし浮かせることができないのです。

水垢は、酸素系漂白剤にとっての弱点なんですね。

「粉末の酸素系漂白剤」についてまとめ

取り扱いが簡単で、どんな汚れにも力強い威力を発揮してくれる酸素系漂白剤。

なかでも「粉末の酸素系漂白剤」は、一つあれば家じゅうピカピカにできることがわかりました。

 

衣類の黄ばみ・黒ずみ、食器のこびりついた汚れ、お風呂やキッチンの掃除まで。

 

用法・容量を守れば、毎日の家事が楽になるうえワンランクアップ!

ぜひ、もっと「粉末の酸素系漂白剤」を活用してくださいね。

 

「四角いフライパン」が超おすすめ!揚げ物・焼き物なんでも来いです♪人気の秘密は!?
あなたのおうちのキッチンには、いくつフライパンがありますか? 用途に合わせて大きさも変えるため、最低でも2枚以上は持っているという方も多いと思います。 さきほど数えてみましたが、我が家のキッチンには5枚のフライパンがあり...
【きほんのき】「トイレ用洗剤」を実体験!コスパも良くて、これはオススメ!
この記事では、チェーン展開しているショップのオリジナルブランド商品「PB商品」を紹介します。 大手スーパーやコンビニ、家電量販店などでも独自のブランド商品を見かけるようになりました。 これらの商品は「PB商品」と...