「パックラフト」が今、ひそかな人気なんだって!ところで「パックラフト」って何だろう…??

今、「パックラフト」というアクティビティが人気なんだとか。

 

筆者の知人が体験し「これはハマる!」と興奮していたこともあって、とても気になる話題です。

 

アウトドア界でひそかなブームになっているという「パックラフト」

いったいどのようなものなのでしょうか。

 

初心者でも気軽に始めることができるらしい、この最新のアクティビティを調べてみました。

 

今回は、今もっともアツイと言われる水上アクティビティ「パックラフト」についてホリサゲます!

 

「パックラフト」ってそもそも何なの?

「パックラフト」とは

「パックラフト」とは、小さく折りたたんで収納できる(pack)イカダ(raft)のことを言います。

 

「パックラフト」ということばを聞いたことがなくても、数人の漕ぎ手が乗り川をゴムボートで下る「ラフティング」なら

知っている方も多いかもしれません。

 

「パックラフト」1人から2人乗りの小型のボート

 

移動中は小さく折りたたんで、現地に付いたら空気を入れて膨らませて使います。

自分の好きなペースで、河川や湖・海上までも自由に、かつ簡単に水上散歩することができるんです。

 

大勢で一つのボートを乗りこなすラフティングとは、また違った魅力のあるスポーツですね。

 

「パックラフト」は元々、アラスカの広大な大地を移動するために開発されたもの。

険しい自然を乗り越えるための手段として発祥しました。

 

ですから、行きはトレッキング、帰りは「パックラフト」を使って川下りをしながら、なんていう楽しみ方もできるわけです。

 

これまでの山遊び・川遊びに、さらに新しい魅力を加えてくれるのが「パックラフト」なんですね。

「パックラフト」の起源は

「パックラフト」は、見渡す限りの大自然が広がるアラスカの地で生まれました。

あまりにも広すぎる国土を移動するには、川や湖を横切る必要がありました。

 

そんな状況で開発されたのが、コンパクトに持ち運びができる小型ボートです。

 

現在ではさらに多くのシーンで活用され、「パックラフト」の有効性が認められています。

 

世界中で多種多様な「パックラフト」が開発・販売されており、より気軽に楽しめるようになりました。

軽量化・取り扱い方の容易化などが進み、今後は日本国内でも人気が高まっていくと思います。

「パックラフト」の魅力とは?

「パックラフト」は軽い!

「パックラフト」、始めてみたいけど難しそうね…

「パックラフト」最大の魅力は気軽に始められることなんですよ!

というのも、「パックラフト」とても軽量で、1人乗りなら2~3㎏しかありません。

 

女性一人でも、簡単に持ち運びできますよね?

 

この重さは、同じように空気を入れて膨らませる「インフレータブル・カヤック」よりはるかに軽量

 

重いボートを担いで現地に着いたとたん、疲れて何もできなくなっていた…なんてこともないはず。

 

到着まで体の負担が重い川の上流までも、スイスイ運ぶことができちゃいます。

「パックラフト」はコンパクト!

「パックラフト」折り畳みができるので、持ち運びも便利ですし収納場所も取りません。

小さく畳めば、バックパックのなかにだってすっぽり収まります。

 

山登り中はもちろん、移動に公共交通機関だって使えちゃうんです。

 

テントほどの重さですし、バスや電車に乗って気軽にレジャーに行けるのはうれしいですよね。

「パックラフト」は組み立てが簡単!

「パックラフト」に乗るための準備は、空気を入れて膨らませるだけ。

空気袋が付属しているものは、それを使って空気を送り込めば10分ほどでしっかり膨らみます。

 

膨らませた「パックラフト」浮力が高く、積載能力にも優れています。

 

コントロールする人だけではなく、釣りの道具を乗せたり自転車を乗せたり

準備段階で時間をとりすぎてしまうと、楽しみも減ってしまいますものね。

「パックラフト」についてまとめ

「パックラフト」は準備も持ち運びも簡単で、初心者でも気軽に始められるアウトドアスポーツです。

 

浮力が高く安定した船体は、荒波や激流でないかぎりどんな人でも操作できると思います。

 

海や川・湖で行われるレジャーは多くありますが、「パックラフト」は最新のアクティビティ。

これからは日本でもさらに盛り上がって、人気が高まってくると思います。

 

筆者もぜひ一度、体験してみたいと思いました!

 

 

 



【日本旅行】日帰り JRツアー・旅行特集!