【 ネタバレなし 】「ねことじいちゃん」あらすじと見どころ!フル動画を見るには?

小さな港で働く人たちと、魚をねだるねこたちの素朴な風景。

 

そこはかとなくノスタルジーを感じる、映画「ねことじいちゃん」

 

この作品は、動物写真家として名高い岩合 光昭さんが、初めてメガホンをとった映画です。

 

のどかな光景のなかでくり広げられる人間と動物の関係を描きながら、日本の高齢化社会の問題も提起。

改めて、私たちに考えさせる内容となりました。

 

今回は、映画「ねことじいちゃん」についてホリサゲます!

 

 

「ねことじいちゃん」とは

「ねことじいちゃん」キャスト

春山 大吉:立川 志の輔
美智子:柴咲コウ
若村 健太郎:柄本 祐
サチ:銀粉蝶
春山 よしえ:田中 裕子
巌:小林 薫
タマ:ベーコン

「ねことじいちゃん」スタッフ

監督:岩合 光昭
脚本:坪田 文
撮影:岩垣 求
音楽:安川 午朗
原作:ねこまき

「ねことじいちゃん」作品概要

イラストレーター・ねこまきさんの漫画がもとになった作品です。

 

小さな島で、飼い猫タマと一緒にのんびり暮らす老人の生活を、ほのぼのと描いています。

 

動物写真家として世界的に有名な、岩合 光昭さんが初めて手掛けた映画。

人間たちと、ねこを始め島の動物たちが生き生きと映し出されています。

 

動物と関わり続けてきた岩合 光昭さんならではの、美しい映像となりました。

 

柴咲 コウさん、小林 薫さん、田中 裕子さん。

実力派俳優も勢ぞろい。

 

そんななか、落語家・立川 志の輔さんの演技がひときわ光っています。

 

「ねことじいちゃん」のあらすじ

2年前に愛する妻よしえを亡くした、70歳の大吉

妻が生前拾って飼い始めたねこのタマと一緒に、ある小さな島でつつましく暮らしています。

 

タマと散歩に行くこと、妻が遺したレシピノートを完成させること。

それが、今の大吉の日課でした。

 

かつては小学校の校長も務め、島の住民の信頼もあつい大吉ですが、タマにはメロメロ。

 

島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を習ったり、仲間とおしゃべりをしたり。

大吉タマの毎日は、のんびりと過ぎていくのでした。

 

そんななか、東京で暮らす大吉の息子・が、よしえの法事のため帰省してきます。

大吉よしえの遺したレシピでいなり寿司を作ると、はそれを食べながら言いました。

 

「東京で、タマと一緒にみんなで暮らさないか?」

 

そう言い残したまま、東京へ戻っていった

 

大吉の世話にはならないと決めていたものの、ある日体調を崩し島の診療所へ

 

あわてて帰ってきたに、診療所医師・若村「大きい病院で精密検査をしたほうがいい」とすすめます。

もまた、大吉をこのまま一人にはしておけないと考えました。

 

これを機に、大吉を東京へ連れて行こうと思ったのです。

 

しかし、大吉はこの提案を拒否

 

は頑固に言い張る父を、説得できずにいます。

 

診療所を出た大吉は、今までのように自宅で静養すれば大丈夫だとタカをくくっていました。

大吉タマは、元通りの生活に戻ったハズでした。

 

ところがその翌日、タマが姿を消してしまったのです…!

 

「ねことじいちゃん」の見どころ

大吉じいちゃんとタマの、息のあった相棒ぶり。

ねこが好きではない人でも、心がほんのりとあたたかくなる光景です。

 

地元の学校で校長まで務めた大吉じいちゃんですが、タマには大甘。

それまで持っていたはずの威厳も、タマの前では形無しなのです(笑)

 

この作品では、島の住民たちの生活と合わせて、ねこたちの生態も描かれています。

 

大吉タマの微笑ましい姿はもちろん、劇中の多くのシーンで人間とねこが関わっているのがわかります。

 

島で流れる時間のなかで、ねこたちは深い余韻を残す重要なアイテムとなっているのではないでしょうか。

 

一方で描かれる、大吉・剛の親子関係。

現代社会の高齢化問題を、視聴者に考えさせます。

 

老いてから、慣れない都会で利便性を求めて暮らすのがいいのか。

それとも気心が知れた仲間と、不便でも自然あふれるところで暮らすのがいいのか。

 

人生を決めるのは自分自身であるというメッセージを、大吉じいちゃんから受け取ったような気がします。

 

妻のレシピノートを完成させるという、大吉の目標。

それは彼自身の「人生というノート」を、完成させることにつながっていくのだと感じました。

 

「ねことじいちゃん」についてまとめ

タマを演じたのは、ベーコンという名のねこです。

 

ふてぶてしい面構えのオスねこですが、岩合さんみずからがオーディションで選考しました。

 

「ベーコンがいなかったら、この映画は成立しなかった!」

岩合さんは、そう言って大絶賛

 

大吉じいちゃん役の立川 志の輔さんが嫉妬するほどの、名役者ぶりだったそうですよ♪

 

島の美しい自然の映像とともに、ねこたちの「素」の姿も見られる作品。

エンドロールでは、出演した島のねこたちの名前がすべて出てきました。

 

人間とねこ、あうんの呼吸の暮らしぶりを見てみませんか?

 

【 ネタバレなし 】「チキンレース」あらすじと見どころ!フル動画を見るには?
2013年のドラマ映画「チキンレース」についてまとめました。岡田将生さんと寺尾聰さんW主演のヒューマンドラマです。家族のなかでただ一人落ちこぼれてしまい、毎日挫折感をいだきながら生きる新人看護師・神谷猛。苦悩する若者を岡田さんがリアルに演じました。

 

ねことじいちゃん [ 立川志の輔 ]

価格:3,762円
(2020/10/30 14:59時点)
感想(1件)

ねことじいちゃん Blu-ray豪華版【Blu-ray】 [ 立川志の輔 ]

価格:6,732円
(2020/10/30 15:00時点)
感想(0件)

【新品】ねことじいちゃん (1-6巻 最新刊) 全巻セット

価格:7,150円
(2020/10/30 15:00時点)
感想(0件)

 

結末が気になるけど、DVDをレンタルするのは面倒だなぁ…。

「ねことじいちゃん」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

なかでもおすすめなのは、2週間の無料トライアルがあるHuluです♪

Huluがおすすめなのは、どうして?

  • 2週間の無料お試し期間がある!
  • トライアル終了後は、月額1,026円(税込)で70,000本以上の作品が見放題!(※Huluストアの作品は対象外となり、別途課金)
  • テレビ・ゲーム機・パソコン・スマホ・タブレットなど、様々な機器に対応!
  • ダウンロード機能を使えば、インターネット接続なしで視聴可能!
  • 1つのアカウントで、最大6つまでプロフィール設定が可能!家族みんなで楽しめる!
  • 決済方法が多彩で、好きなものを選べる!
  • オリジナルコンテンツも豊富!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。
Huluで、安全に「ねことじいちゃん」を視聴しましょう。
※2週間の無料トライアル中に解約しても、料金はいっさい発生しません。
「ねことじいちゃん」見るならHuluで!
本ページの情報は、2020年10月16日時点のものです。最新の配信情報は、Huluサイトにてご確認ください。