飛び出す絵本作家「紙成 鳴美(かみなり なるみ)」!思わず笑顔になっちゃう作品たち!

小さいころ、親に絵本を買ってもらうのが楽しみでしたよね。

字は読めなくても書いてある絵を眺めるだけで、こことは違う世界へ行けるような気がしました

 

特に、表紙を開いた瞬間に絵が立体的に飛び出す絵本は、子ども心にとても驚き感心したものです。

 

「どうやったら、こんな心が弾むような本を作れるのだろう?」

 

そんな子どもの心をつかんで離さない人がいます。

 

「紙成 鳴美(かみなり なるみ)さん」です。

 

「紙成 鳴美さん」が作る飛び出す絵本は、子どもたちばかりではなく

いい年をした大人まで(笑)、夢中になってしまうすばらしいもの。

 

今回は、飛び出す絵本作家「紙成 鳴美さん」についてホリサゲます!

 

「紙成 鳴美」ってどんな人?

「紙成 鳴美さん」は、東京都に住む飛び出す絵本を製作するアーティストです。

 

外国のポップアップアートに心を惹かれ、独学で製作を始めたそうです。

仕掛け絵本作家・ペーパークラフト作家。

 

広告デザインやCM、ディスプレイ製作もなさっているそうですので

気づかないうちに、私たちも「紙成 鳴美さん」の作品を目にしているかもしれませんね。

 

「紙成 鳴美」が作る飛び出す絵本

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paper_pop-up.(@narumikaminari)がシェアした投稿

節分の豆まきにピッタリな、「鬼の面」。
怖いなかにも、優しさも感じる鬼さんですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paper_pop-up.(@narumikaminari)がシェアした投稿

羽田空港開港60周年記念のさいに作られた冊子。
空港にふさわしく、takeoffがみごとに表現されています。

 

市原稲荷神社の御朱印帳。
すてきですね!思わずほっこりしちゃいます。

 

 

「紙成 鳴美」と縁のある、意外なアノ人

「紙成 鳴美さん」、実はお笑い芸人の陣内 智則さんに作品を提供しているんです。

 

このネタでは、陣内さんのコントがおもしろかったことはもちろんなのですが

「紙成 鳴美さん」が作った飛び出す絵本のクオリティの高さに、視聴者はビックリしました。

 

ネタをやっている陣内 智則さんが、ワクワクしている様子も伝わってきます。

 

「紙成 鳴美さん」が作る飛び出す絵本が持つパワーって、すごいものなんですね。

 

飛び出す絵本作家「紙成 鳴美」についてまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

神尾茉利(@kamio_mari)がシェアした投稿

どの作品を見ても、「これはすごい!」ということばしか出てきませんよね。

単なる子どもの絵本ではなく、芸術品だと思います。

 

そして、誰もが実際に手に取って見ることができる、小さな別世界がそこにあります。

筆者も自分の目で見てみたいと思いました。

 

 

 

「蝦夷和紙」って知ってる?北海道の素材で作られた和紙は、世界に一枚きり!
あなたは、「蝦夷和紙」って知っていますか? 北海道に自生する植物を漉きこんで作られた「蝦夷和紙」は、それだけで存在感があります。 ポコポコと凹凸があったり、ふんわりと香りが漂ったり。 手作りで仕上げられた「...
「守谷 日和」は40歳にして東京進出をはたしたピン芸人!キャラが強すぎる!
一度見たら決して忘れられない濃いキャラと、インパクトあるルックス。 そして、独特の世界観を持つネタを披露する「守谷 日和(もりや びより)さん」。 ステージに登場しただけで会場の笑いを取るという、"よしもとの超人気芸人"...

 

 

【ファッション通販のニッセン】

FELISSIMO フェリシモ

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
今日もホリサゲ!