「松下 操」は名刺を作り続けて30年!ある業界専門の名刺作りの達人で…!

私たちが、ビジネスで毎日やり取りする名刺。

 

会社支給だよ!という人が多いかもしれませんが、それだと画一的ですよね。

あまり特徴を出しすぎるのも、なんだか憚られます(^^;)

 

でも、ある業界の人なら、自分を際立たせるためにどれだけ個性的な名刺を使おうと自由です。

お客さまの印象に残るためには、人と同じような名刺ではダメ!という職業もあるんです。

 

それは、「ホスト」「キャバ嬢」

 

このたびご紹介する「松下 操さん」は、そんな人たちのために名刺を作り続けて30年の大ベテラン。

歌舞伎町では、「松下 操さん」の名刺を持てば出世すると大評判だそうですよ。

 

今回は、名刺職人「松下 操さん」についてホリサゲます!

「松下 操」ってどんな人なの?

出典:あじと名刺

「松下 操さん」「あじと名刺」というサイトを運営する、ホスト・キャバ嬢専門の名刺職人

この道30年という大ベテランです。

 

ホストやキャバクラ業界の名刺は、見るだけでもワクワクキラキラするような派手なものが多いです。

一目で、自分の特徴や長所をわかってもらうためなのだと思います。

 

こういった名刺をもらうと、それだけで印象に残るものですよね。

 

そんなド派手な名刺を作っているのが、「松下 操さん」なのです。

 

ネットで「ホスト 名刺」「キャバ 名刺」などと検索すると、意外にも夜の職業専門の名刺作成サイトが多いことがわかります。

 

そのなかで「松下 操さん」が運営する「あじと名刺」は、クオリティの高さからも各方面からひっぱりだこ

 

私たちがよく目にする一般的な名刺は、100枚1,000円程度から注文することができます。

しかし「松下 操さん」が作る名刺は、安くても100枚7,000円から

 

なかには紙を上質にしたり、ベロア調の手触りにしたり、金箔を押したりなどの特別注文もあるそうで

それだと、1枚20,000円を超えるものもあるのだとか。

「松下 操」はホスト業界を知る名刺達人

高価な特別注文の名刺も、月に60件ほども注文が入ると言う「松下 操さん」

 

客の約半分はホスト、ボーイが3割ほど、キャバ嬢と一般人が1割ずつ。

(「一般」の人も、こんな個性的な名刺を作ることがあるんですね!(゚д゚)!)

 

実は、「松下 操さん」の名刺を持つと歌舞伎町で出世できる!と言われているのだとか。

「最初はすごくなよなよした男だなと思ったんですが、1枚4000円する名刺を作った半年後、すごく堂々とした男になっていたんです。個性的な名刺のおかげで会話が弾むようになって、自信がついたって。今はホストクラブの経営者まで出世しました。」

引用元:キャリコネニュース

「松下 操さん」ご自身も、かつてホストとして働いていた過去があります。

 

中学卒業後、上京した「松下 操さん」は練馬のホストクラブで働くことになりました。

 

20歳になったとき、先輩から「ホスト・キャバクラ専用の名刺作成を手伝わないか」と誘われます。

名刺の世界に足を踏み入れたのは、それがキッカケだったんですね。

 

ホスト・名刺作成・ガソリンスタンド店員と三役をこなし、名刺作成の専門家として独立したのが30歳

 

個性的で印象に残る名刺がどれほど有利になるかを、「松下 操さん」は身をもって知っているのです。

もともとホストとして働いた経験があればこそ、ですね。

「松下 操」が大切にしていること

出典:キャリコネニュース

注文が入ったら、まずは依頼人がどんな人であるか知る必要があると考える「松下 操さん」

依頼人が持つ雰囲気やイメージは、とても大事だと言います。

 

ホストの名刺は黒・金・箔押し・字体が浮き出るものなど、が人気。

30年やってきても、それは変わらないそうです。

 

ただ、やはり一番の注文は「個性的であること」

その希望にこたえるためには、依頼人の人柄を徹底的に読み取ることが大切なんですね。

 

基本的に、客の希望はどんなことでもかなえたいと「松下 操さん」は考えます。

 

しかし、名刺を見た人の読みやすさや楽しさが損なわれると感じたら

「こうした方がいいのでは…?」違うパターンを提案することもあるそうです。

「松下 操」についてまとめ

「松下 操さん」は名刺のほかに、コースターやライターなどのグッズの作成

店内のディスプレイやシャンパンタワーの制作、写真撮影なども手がけています。

 

ホストやキャバの世界には縁遠くても、ちょっとだけ煌びやかさを体験できるかもしれませんね。

 

興味がある方は、公式ホームページをご覧ください。

 

 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
今日もホリサゲ!