【 ネタバレなし 】「建築学概論」あらすじと見どころ!フル動画を見るには?

誰もが心の奥にしまっている、初恋の記憶。

 

人生に疲れると、かつての甘酸っぱい記憶を思い起こしてしまうのは、仕方のないこと。

あの頃に戻りたい…」と、人知れず考えてしまいますよね。

 

映画「建築学概論」は、そんな淡い男女の恋の行方を美しく描き出しました。

ノスタルジックに、しかも情熱的に。

 

作品の舞台となった済州島の自然まで感じられるイ・ヨンジュ監督のこだわりの映像美です。

 

今回は、映画「建築学概論」についてホリサゲます!

「建築学概論」作品の概要

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tv_hyu5がシェアした投稿

キャスト

スンミン(現在):オム・テウン
スンミン(過去):イ・ジェフン
ソヨン(現在):ハン・ガイン
ソヨン(過去):スジ

スタッフ

監督・脚本:イ・ヨンジュ
脚本:キム・ジヘ
音楽:イ・ジス

作品の内容

2012年に公開された、韓国のラブストーリーです。

 

「みんな誰かの初恋だった」

 

作品のキャッチフレーズです。

 

大人になって自分なりの人生を歩き始めた男女が、ふとしたきっかけで再会。

現在の生活と過去の思い出を行ったり来たりしながら、二人の心の揺らぎを表現していきます。

 

はたして今の自分は、夢に見ていたような人生を歩けているのか。

今のパートナーは、理想の人なのか。

どこかで選択を間違ったのではないか…、と考え始める二人。

 

イ・ヨンジュ監督は、自身も建築学を学び建築士として働いた経験を持つ人。

 

基本的な知識にしっかりと裏付けされた、アカデミックな面も持つ作品です。

「建築学概論」あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっこねー(@drama_akkonei)がシェアした投稿

ソウル市内にある設計事務所で、設計士として働くスンミン

ある日彼を訪ねて、「済州島に家を建ててほしい」と一人の女性が依頼をしに来ます。

 

個人の住宅の設計をした経験がないことから、なかなか承諾できずにいたスンミンに女性が言いました。

 

私を覚えていないの?

 

その女性は大学時代、一緒に建築学を学んだソヨンでした。

名前を聞いたスンミンの心に、ほろ苦い初恋の思い出がよみがえりました。

 

建築学科で学ぶ大学生スンミン

彼は「建築学概論」の授業で、音楽学科の女子学生ソヨンと出会います。

 

共通の先輩がいること。

ソヨンの下宿先が近いこと。

 

そんなこともあって、二人はどんどんと距離を縮めていきます。

 

一緒に課題をこなすうちに、互いを強く意識するようになった二人。

 

連絡を取り合い、空き家を秘密の遊び場所にするなどしていましたが、仲の良い友達以上の関係には進みません。

 

ある日ソヨンが「いつか私の家を建ててね!」と無邪気に笑う姿を見て、スンミンはついに次に会うときには告白しようと決意します。

 

しかし二人は会えないまま、ソヨンと先輩の親密そうな姿を見てしまったスンミン

誤解をしたまま、スンミンソヨンは心も距離も離れてしまったのでした。

 

そのソヨンが、今、スンミンの前に現れたのです。

「建築学概論」の見どころ

 

この投稿をInstagramで見る

 

なっつん(@nattsun05)がシェアした投稿

韓国のラブストーリーには、強気な女の子と草食系の男の子のセットがつきもの。

この「建築学概論」も、そんなじれったい男女の関係が描かれています。

 

なかなか進展しない二人に、背中を押してあげたくなるようなシーンが満載です。

 

しかしそんな二人のピュアな関係が、この作品のストーリーの中心となっています。

 

スンミンは不器用で、自分の思っていることをなかなか言葉にできない性格。

反対にソヨンは、自立心が旺盛でクールな女の子です。

 

ヤキモキするほど素直になれない若者を、イ・ジェフンさんとスジさんが繊細に演じました。

揺れ動く思いを、とてもリアルに表現したと思います。

 

そして再会したことで、過去を捨てきれない自分を再認識してしまうのです。

 

お互いに傷を負いながら、明らかに動揺を隠しきれないスンミンソヨン

 

それをイ・ヨンジュ監督は、過去と現在が交錯する映像でみごとに表現しました。

 

大人になったからと言って、自分の心を簡単に言葉にできるものではありません。

 

ただただ切なく、そしてみずみずしい記憶。

済州島の美しい景色とあいまって、なんとも言いようのない気持ちになってしまいます。

 

胸がしめつけられるような感じさえ覚えるほど、ノスタルジーあふれる作品です。

「建築学概論」みんなの感想は?

「建築学概論」についてまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

pote(@katsuhiko9292)がシェアした投稿

韓国で410万人を超える観客を動員し、 恋愛映画の記録を塗り替えた建築学概論」。

男性からの、圧倒的支持を得たそうです。

 

自分の青春時代を呼び起こす、映像とストーリーなのかもしれませんね。

 

劇中に登場する済州島の家は、のちにカフェとして一般公開されました。

撮影に使われた小物やポスターなどが展示され、新しい観光名所として知られるようになったのだとか。

 

作品を通して語られるテーマは、「初恋と建築」。

 

自分の人生を建て直す、という意味も含んでいるのではないでしょうか。

 

 

 

建築学概論【動画配信】

価格:324円
(2020/10/25 14:23時点)
感想(0件)

この作品を見てみたいけど、どうしたらいいかしら…。

建築学概論、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

なかでもおすすめなのは、31日間の無料トライアルがあるU-NEXTです♪

U-NEXTがおすすめのポイントは?

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年2月時点)
  • 月額プラン2,189円が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 無料期間後は月額2,189円で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
  • ジャンルが充実!
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。
U-NEXTで、安全に建築学概論を視聴しましょう。
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。
建築学概論見るならU-NEXTで!
本ページの情報は2020年10月16日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。