ティールームの歴史と伝統を守る!「宮脇 樹里」の将来の夢は?

香り高い紅茶と、アートのようなお菓子。

贅沢な時間を過ごせる英国式ティールームは、誰もが憧れるシチュエーションです。

 

ただ本格的にたしなもうと思ったら、歴史と伝統を学ぶところから始めなくてはなりません。

 

そんなちょっとハードルの高いティールームに打ち込み、本場イギリスで店舗をかまえたうえ

日本人が気軽に親しめるように、魅力を広めてくれた女性がいます。

 

「宮脇 樹里さん」です。

 

格調高い英国式のティータイムを最高のものにするために、「宮脇 樹里さん」がんばってきたこととは。

そして、これからの夢とは。

 

今回は、ティールーム・オーナーシェフ「宮脇 樹里さん」についてホリサゲます!

スポンサーリンク

「宮脇 樹里」ってどんな女性なの?

鎌倉生まれで、旧西ドイツ育ち。

1992年にイギリスに渡り、セントアンドリュース大学卒業、修士号取得。

ル・コルドン・ブルーロンドン校で、グラン・ディプロム取得。

※注1:ル・コルドン・ブルーとは…フランスのパリ発祥の料理・菓子専門学校のこと。充実した設備・経験豊富な教員。最先端の技術を学べる、世界でもっとも優れた料理・菓子の学校の一つとして評価されています。

※注2:グラン・ディプロムとは…ディプロムとは学位のこと。料理と製菓、両方のコースを修了すると「グラン・ディプロム」という特別な学位が授与されます。

2003年に両親とともに、英国コッツウォルズティールーム「Juri’sをオープン。

 

2008年には英国の紅茶振興団体ティー・ギルド協会から、「トップ・ティー・プレース賞」を授与されました。

この賞は、もっともすばらしいティールームに毎年与えられる名誉あるもの。

 

本場イギリスで「すばらしい」と認められたティールームを日本人が開いていたとは、誇らしいことですよね。

 

現在は日本橋三越本店「Juri’s Tea Rooms」のブランドオーナーとして、日々活躍していらっしゃいます。

スポンサーリンク

気軽にティータイムを楽しめる「Juri’s Tea Rooms」

トップ・ティー・プレース賞を受賞した外国人は、「宮脇 樹里さん」ただお一人。

 

さぞかし敷居が高いのでは…と思ってしまいますが、そんなことはありません。

 

「宮脇 樹里さん」が監修する、美しく芸術的なスイーツを気軽に楽しむことができます。

 

当然、お茶の美味しさは折り紙付き。

伝統的な英国式ティールームの雰囲気をそのままに、アフタヌーンティーを味わってみませんか?

関連ランキング:紅茶専門店 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

スポンサーリンク

「宮脇 樹里」の将来の夢

「宮脇 樹里さん」は、伝統を重んじながらも自分のイメージする味を追求することが大切と考えています。

 

きっと古いものの良さやスタイルを維持しながら、新しいものも取り入れていく。

その姿勢を大事にしている方なのだと思います。

 

イギリスでのティータイムは、人と人を結ぶ貴重な社交の場。

そんなお茶の楽しみ方が、日本でも広がるといいですね。

 

イギリスでJuri’sをオープンしたばかりのころは、文化の違いなどもあり大変苦労したそうです。

 

保守的な英国人の心を掴むために、「宮脇 樹里さん」英国料理と菓子の本を読み漁ったのだとか。

ついには、古書にまで目を通すようになったそうです。

 

そのときに得た、アンティークやインテリア、茶器やテーブル周りの小物に関する知識を活用しながら

ライフスタイルと食全般を紹介・提案する人になること、これが「宮脇 樹里さん」の夢です。

 

ため息が出るほどすばらしいものですよね。

スポンサーリンク

「宮脇 樹里」についてまとめ

「トップ・ティー・プレース賞」は、お茶と菓子の味はもちろんのこと

建物の風格や店内の内装・雰囲気、そしてサービスの質などが評価されます。

 

そして英国人の魂とも言える、手入れの行き届いた庭。

 

それらをしっかりと維持管理し、古いものを慈しむこと。

 

「宮脇 樹里さん」はイギリス時代に、ティールーム・オーナーとして必要な精神をすべて吸収してきました。

 

そこに“「宮脇 樹里さん」らしさ”が加えられ、さらに魅力を増したティールームを営んでいるのですね。