【ネタバレ考察】「ハンニバル・ライジング」あらすじが知りたい!エンディングはどうなるの!?

この記事では、映画「ハンニバル・ライジング」のあらすじについて解説しています。

 

最後はどんなエンディングを迎えるのか、ネタバレで詳しくまとめています。

 

また「ハンニバル・ライジング」を、はじめからじっくり視聴したいあなたのために

定額でフル動画を視聴できる、オススメの動画配信サービスもご紹介!

 

好きな時間・好きな場所で、「ハンニバル・ライジング」を楽しめますよ♪

 

今まで知らなかったような作品から、懐かしの名作まで。

 

「ハンニバル・ライジング」はもちろん、それ以外にも、きっと見たい作品が見つかりますよ!

 

しかも公式の動画配信サービスは、とても高画質

ウィルス感染の心配などもまったくありませんので、安全に作品を見られます!

 

それでは、映画「ハンニバル・ライジング」について詳しくご紹介します!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fright FM(@fright_fm)がシェアした投稿

「ハンニバル・ライジング」とは

2007年に公開された、アメリカ・イギリス・フランスの合作映画です。
トマス・ハリスさん原作「ハンニバル・レクター」シリーズの第4作目。
時間軸としては、猟奇殺人鬼・ハンニバルが誕生するまでを描いたエピソード1的な物語です。
レクター博士の幼少期から青年期までを描いており、「なぜ・どんなふうに」彼が成長していったのか
フランス人俳優ギャスパー・ウリエルさんが、熱演しています。

 

「ハンニバル・ライジング」キャスト
ハンニバル・レクター:ギャスパー・ウリエル
レディ・ムラサキ:コンリー
ポピール警視:ドミニク・ウェスト
コルナス:ケヴィン・マクキッド
ミルコ:スティーヴン・ウォルターズ
ドートリッヒ: リチャード・ブレイク
グレンツ:イヴァン・マレヴィッチ
ポール・モマン:チャールズ・マックイグノン
ミーシャ・レクター:ヘレナ=リア・タコヴシュカ

 

「ハンニバル・ライジング」おおまかなあらすじ

リトアニアの名門貴族レクター家の長男として生まれたハンニバル

 

1944年戦火はいっそう厳しくなり、レクター家は邸宅を離れ森の中の隠れ家に移ることになりました。

そこでドイツ軍とソ連軍の戦闘に巻き込まれ、両親は命を落とし、ハンニバルと妹ミーシャだけが取り残されます。

 

隠れるように二人で暮らしていましたが、ドイツ軍に協力するグルータスたち裏切り者が敗走

家は乗っ取られ、ハンニバルたちは狭い屋根裏へ追いやられてしまいました。

 

外は氷点下で燃やす薪もなく、食料も底をつきグルータスたちはいよいよ追いつめられていきます。

そこでなんとヤツらはミーシャの命を奪い、ハンニバルの目の前で食べてしまったのです!

 

あまりのショックと恐怖から、ハンニバルは記憶を失ってしまいました。

 

どうやって助かったのかは不明ですが、それから8年後、ハンニバル戦争孤児が収容されている施設で暮らしています。

 

ミーシャの最期を夢に見てうなされる毎日でしたが、ある日フランスに住むという叔父のもとへ行くことを決意

施設を脱走し人知れず国境を越え、たどり着いた叔父の家には未亡人となったレディ・ムラサキがただ一人暮らしていました。

 

叔父はすでに亡くなっていましたが、レディ・ムラサキハンニバルを迎え入れその日からともに生活するように。

 

日本人であるレディ・ムラサキから、武道や行儀作法を叩きこまれハンニバルは立派な青年に成長します。

 

そして奨学医大生となってパリへ移住、解剖用の遺体を扱う仕事をしながら、ミーシャを殺した者たちを思い出そうとしていました。

 

「ハンニバル・ライジング」いよいよエンディング!ネタバレ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@qualitativemoviesがシェアした投稿

ハンニバルは市場でレディ・ムラサキを侮辱した肉屋ポール・モマンに、罰を与えていました。

 

レディ・ムラサキの部屋で見た、日本刀の切れ味・古い生首の蒔絵

それらをどうしても忘れられず、肉屋の首を斬り持ち去っていたのです。

 

ポピール警視に疑われたハンニバルでしたが、レディ・ムラサキの機転で警察の目をそらすことに成功。

 

しかしこの一件で、ハンニバルの凶行はタガが外れたようになってしまいました。

記憶をたどるため、かつて住んでいたリトアニア向かうことにしたハンニバル

 

国境を超えるさいに入管局の軍人にパスポートを提出しましたが、そいつはミーシャを殺した一味の一人ドートリッヒ

 

ドートリッヒハンニバルの名前を憶えていて、彼を尾行しました。

ミーシャの事件があった隠れ家へ入ったところ、ハンニバルドートリッヒに闇討ちされます。

 

しかし返り討ちにし、一味が残していった認識票(ドッグタグ)を手に入れます。

 

そして仲間の居所を吐いたドートリッヒの首に縄をかけ、そのまま馬に引かせて彼を殺害。

しかもドートリッヒを殺害したあと、生えていたキノコとともに彼の頬の肉を焼いて食べたのです!

 

こうしてハンニバルの復讐は始まりました。

下宿に戻ったハンニバルをたずねて、レディ・ムラサキがやってきました。

 

「妹を食ったヤツらの名前がわかった。」

 

ハンニバルはそう言って、これから始まる復讐劇を示唆します。

 

ミーシャ事件の犯人の一人コルナスは、名前を変えてレストランを経営していました。

ハンニバルレディ・ムラサキは、客として店を訪れていましたがちょうどそこにコルナスがやってきます。

 

終戦後、結婚し二人の子どもに恵まれたようでした。

 

しかし下の娘の手にミーシャのブレスレットが飾られているのを見て、ハンニバル「ミーシャ殺しの一人だ」と確信。

 

娘にコルナスの認識票を持たせて、そのまま姿を消しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Plot Twist(@plottwist.es)がシェアした投稿

コルナスは、「あの事件」で恨みを持っているであろうハンニバルが復讐しにくることを警戒

リーダーであったグルータスのもとへ走りました。

 

ドートリッヒからハンニバルのパスポート写真を手に入れていたグルータスは、ミルコに尾行するよう命令。

 

ミルコハンニバルと一緒にいたレディ・ムラサキの写真も撮り、その夜大学の解剖室にいたハンニバルを襲撃しました。

しかしとっくにミルコに気づいていたハンニバルは、彼に薬物を注射、気絶させます。

 

そして近くにあった遺体を漬けておくホルマリンプールに放り込み、溺死させたのです。

 

これで二人…。

 

そこへ現れたのはポピール警視、ハンニバルの部屋にあった認識票について問いただしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alberto Fernandez(@alber40fr)がシェアした投稿

ミルコの体をすでに処理していたハンニバルは、冷静に受け答えをします。

ポピール警視はハンニバルを疑ってはいたものの、確証がつかめません。

 

ハンニバルが復讐を誓う相手は、リーダー格のグルータス

名前を変え、レストランの主人におさまっているコルタス

そしてカナダへ移住したらしいグランツ

 

あとの二人は、すでにこの世から消し去りました。

 

なかでもグルータスは、移民を虐待したり戦後の裁判で証言させないために、証人の口に硫酸を入れたりしたとびきりの悪党。

重大な戦争犯罪人として、ポピール警視も追っていた男です。

 

ですから「ミーシャ事件」のことを詳細に供述するよう、ポピール警視はハンニバルに要請したのです。

 

その証言があれば、グルータスを逮捕することができると聞かされ、ハンニバルはその要請に応じました。

 

あのとき、グルータスはソ連軍から逃げ延びるための隠れ蓑として、ハンニバルたち兄妹を利用しました。

そして反抗的な態度をとっていたハンニバルに言うことをきかせるために、ミーシャを殺し食べたのです。

「妹のために、復讐する」ハンニバルは言いますが、ポピール警視は警察に任せるように説得。

ハンニバルの背中を見送りながら、妹を失ったときハンニバルもまた人間の心を失ったのだとポピール警視は悟ったのでした。

 

レディ・ムラサキもまた、ハンニバルを心配していました。

 

彼女は広島の原爆投下で、家族を全員失っています。

天涯孤独となったレディ・ムラサキは、自分の生涯をハンニバルに重ねていたのです。

 

「ヤツらの裁きは、警察にゆだねるべきだわ。」

 

本当の真心からのレディ・ムラサキのことばは、ハンニバルの耳には届きませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

l’espace vide(@voidessay)がシェアした投稿

グルータスの別荘を突きとめたハンニバルは、単身乗り込みます。

 

ちょっとした細工をほどこし、数十分たったらスチームサウナが爆発するようにしておきました。

簡単にはいかないだろうと予想していたのです。

 

案の定、グルータスがいる浴室に火を放とうとしたハンニバルは護衛の男たちに拘束されてしまいます。

 

グルータス「妹を食ったのは、自分を愛しているからだ」とぬけぬけと言い放ちました。

 

もし妹が空腹で泣いていたら、ハンニバルも人の肉を食べさせるだろうと言うのです。

その気持ちと、まったく同じだと。

 

怒りに震えるハンニバルでしたが、すきを突いて屋敷を脱出することに成功。

抜け出した直後、グルータス屋敷は爆発炎上しました。

 

腹をたてたグルータスは、レディ・ムラサキを拉致してハンニバルに電話をかけます。

 

「認識票を持ってこい!レディ・ムラサキを返してほしければな!」

 

それを聞いたハンニバルは、コルナスのレストランへ行きました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Svetlana(@firefly8997)がシェアした投稿

コルナスの娘からミーシャのブレスレットを奪い返していたハンニバルは、それとともに血だらけの包みをコルナスに見せます。

コルナスは、布に包まれた肉片を見て娘が殺されたのだと思いました。

 

しかしよく見ると、それはローストビーフ。

 

ハンニバル娘の命とレディ・ムラサキを交換しようと持ちかけますが、報復がこわいコルナスはなかなか口を割りません。

 

警察がグルータスを追っている、もうすぐ逮捕されるだろうハンニバルが言うと、コルナスはようやく話しました。

 

グルータスハウスボートで、運河を移動しているというのです。

今ごろは、モーロの西のロルクだろう…。

 

コルナスの命は助けてやる、というハンニバルを、コルナスは信用しませんでした。

ハンニバルが(試すために、わざと)置いた拳銃を取り、ハンニバルを撃とうとしたのです。

 

しかし、ハンニバル背中に忍ばせていた日本刀でコルナスを深く差し、絶命させました。

 

残り、二人…。

グルータスのハウスボートを追うハンニバル

運河で停泊しているのを見つけたハンニバルは、密やかに乗り込みました。

 

なかに入ると、レディ・ムラサキが拘束されているのを見つけました。

さっそく救出に向かいますが、それは罠だったのです。

 

隠れていたグルータスは、部屋へ入ってきたハンニバルの背中を拳銃で撃ちました。

 

倒れたハンニバルが、脊椎を損傷して動けないと見たグルータス

しかし背中に忍ばせてた日本刀が銃弾を受け止め、ハンニバルの身代わりになっていたのです。

 

油断したグルータスの両アキレス腱を切断し、身動きできなくしたハンニバル。

カナダに移住したと聞いていたグランツの行方を問いただします。

 

警察に任せたほうがいいと心配するレディ・ムラサキのことばに、グルータスは突然笑い出しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rhys Ifans(@rhysifans)がシェアした投稿

「おまえも食っただろ?妹を食ったじゃないか!スープに入ってたんだよ!何も知らずにな!!」

 

妹を食べた者を復讐のために殺すのなら、ハンニバル本人も殺されるべきじゃないか。

それが、グルータスの主張でした。

 

知らなかったとは言え、ミーシャを食べさせられていた…。

 

ハンニバルはショックのあまり激怒しました。

そしてグルータスの胸に、「M」の文字を刻みます。

 

「ミーシャの『M』だ…」

 

残るは、あと一人。

姿を見せたグルータスの屋敷の護衛までも、ハンニバルは殺害。

「もうやめて…ゆるすのよ…」というレディ・ムラサキの声も、ハンニバルは聞き入れませんでした。

 

彼の意志を変えることはできないとあきらめたレディ・ムラサキは、ハンニバルを置いて船を降りようとします。

 

そんなレディ・ムラサキの背中にかけられたハンニバルのことばは、意外なものでした。

「…愛してる…」

 

この投稿をInstagramで見る

 

조현철(@h_hyun.c)がシェアした投稿

レディ・ムラサキは答えました。

 

「あなたに、愛に値するものはあるの…?」

 

二人が決別した瞬間でした。

 

レディ・ムラサキが去ったあと、ハンニバルは倒れていたグルータスの頬に嚙みつきます。

その直後、船は爆発。

 

警察に保護されていたレディ・ムラサキポピール警視の目の前で、ハンニバルを乗せた船はあとかたもなく燃えてしまったのでした。

 

雪深い、カナダの田舎町。

 

狩猟用品を売る店に、一人の客がやってきました。

出てきた店主に、客は笑顔で言います。

 

グランツ、首をもらいにきた。」

 

~END~

 

 

「ハンニバル・ライジング」みんなの感想は?

 

「ハンニバル・ライジング」フル動画を見るには?

この作品を全篇見たいけど、どうしたらいいかしら…。

「ハンニバル・ライジング」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

 

なかでもおすすめなのは、31日間の無料トライアルがあるU-NEXTです♪

 

 

U-NEXTがおすすめのポイントは?

  • 見放題動画21万本、レンタル動画2万本を配信!(2021年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 無料期間後は月額2,189円(税込)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
  • ジャンルが充実!
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。

 

U-NEXTで、安全に「ハンニバル・ライジング」を視聴しましょう。
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

 

「ハンニバル・ライジング」見るならU-NEXTで!

 

 

本ページの情報は2021年5月27日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

 

「ハンニバル・ライジング」まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Claire parker(@monsterbabylove)がシェアした投稿

ハンニバル・レクターには、壮絶な過去がありました。

 

レクター博士のシリーズを見てきて、どうしてあんな猟奇的殺人鬼が生まれたのだろうと不思議でしたが

この「ハンニバル・ライジング」でナゾがとけたような気がします。

 

ただ妹の復讐を終えたところで、彼の殺人も終わると考えるのが普通ですが

こんな残酷なことが、なぜかハンニバルにとって快楽になってしまうんですね。

 

もしかすると、「ハンニバル・ライジング」「レッド・ドラゴン」(時間軸で言うとエピソード2)の間に

もう一つ二つ、山場があったのかもしれません。

 

正直に言いますと、レクター博士には根っからの悪人でいてほしかった気持ちもあります(;’∀’)

しかし、この物語には心を揺さぶる「何か」があるような気がします。