「無香料柔軟剤」を使ってみよう!香水のような強い香りが苦手な方にオススメです

洗濯した衣類をフンワリ仕上げるために、欠かせない柔軟剤。

 

静電気を防いだり、繊維を柔らかくして手触りをよくする働きをする柔軟剤ですが

最近は、香りに重点を置いた商品が多く見受けられます。

 

ケミカルな香りが苦手な人にとって、柔軟剤の強い香りはけっこう気になるものなんですよね。

 

そんななか、ジワジワと売場でも目立つようになってきた「無香料柔軟剤」

少しずつ存在感を増してきた「無香料柔軟剤」とは、いったどんなものなのでしょうか。

 

今回は、「無香料柔軟剤」についてホリサゲます!

「無香料柔軟剤」について

そもそも柔軟剤はどんな働きをするの?

柔軟剤とは、洗濯物を柔らかくすることが主な仕事です。

 

柔軟剤を使って洗濯物を仕上げると、繊維がフワっとなり手触りがよくなりますし

加えて、シワになりにくくなるというのも利点ですね。

 

柔軟剤を使うことによって衣類がフンワリとなるのは、配合されている陽イオン界面活性剤のおかげ。

衣類の表面を覆い、繊維のすき間に入り込み、繊維どうしの滑りをよくするんです。

 

また静電気を防ぐ効果もあり、ゴミや花粉が付着しにくくなります。

そのため、なめらかな肌触りになるんですね。

「無香料柔軟剤」を使うメリットは?

「無香料柔軟剤」は、柔軟剤の働きはそのままに強い香りを除いたものです。

ですから、人工的な香りが苦手な方にオススメ。

 

最近では、特に強い香りを避けるように決めている職場などもあるとのこと。

周囲の人が迷惑だと思うような強い香りは、『スメルハラスメント』とみなされる場合もあります。

 

一般的にいい香りだと思われていても、みんながみんな同様に感じるとは限らないのです。

 

注意したいですね。

スメルハラスメント(和製英語: smell harassment)とは、ハラスメントの一種で、においにより周囲を不快にさせる嫌がらせのことである。スメハラと略される[1]

引用元:Wikipedia スメルハラスメント

「無香料柔軟剤」に期待できること

敏感肌の方も使いやすい

敏感肌や乾燥肌の方は、ケミカルな香りの成分が苦手だという場合が多いです。

人工的な香料が肌に触れたり吸い込んだりすることによって、気分が悪くなることもあるかもしれません。

 

100%の天然香料は、ものすごく高価なもの。

市販の柔軟剤には人工的に合成された香料が使われることが多いのです。

 

ですから敏感肌・乾燥肌の方にこそ、「無香料柔軟剤」は使いやすいと考えられます。

赤ちゃんやペットがいる家庭も使いやすい

すべすべの赤ちゃんの肌は、一般的に大人の皮膚の半分の厚さしかないと言われています。

外的刺激に弱く、大人であれば何の影響もないことでも、赤ちゃんには強い刺激になることがあります。

 

柔軟剤の場合、香料や防腐剤などの添加物が肌荒れを引き起こしてしまうことがあるのも心配ですよね。

添加物の少ないものを選びたいと考えている方には、「無香料柔軟剤」を使うのも一つの手ではないでしょうか。

 

またペットを飼っている家庭では、特に香りには注意が必要です。

 

動物は人間よりも、はるかに嗅覚がすぐれています。

強い香りが、そのままストレス要因になることもあるんですね。

 

ペットの負担にならないためにも、「無香料柔軟剤」がオススメです。

男性も使いやすい

強い香りが苦手は方は男女を問わずいますが、特に男性はそれが顕著かもしれません。

華やかすぎる香りをあまり好ましく感じないのは、男性の方が多いように思います。

 

「華やかすぎず、甘すぎない香りのものを選ぶ」という方法もありますが

そもそも香りが立ち上るのがイヤ!という方は、どんな香りも受け付けないものです。

 

そんな男性には、「無香料柔軟剤」が抵抗感なく使ってもらえるのではないでしょうか。

「無香料柔軟剤」の選び方は?

消臭・除菌の効果があるか

柔軟剤は衣類を柔らかくするのが仕事ですが、それ以外に期待したいポイントがあります。

 

まず、消臭や除菌の効果があるかどうかです。

 

洗濯したばかりなのに、何だかイヤなにおいがする…と感じたことはありませんか?

そのにおいは、菌が増殖したり、こびりついてしまった体臭などが原因です。

 

ですからにおいが気になる方は、消臭・除菌効果がすぐれたものを選びましょう。

 

ちなみにどんな柔軟剤を使っても、ある程度の消臭・除菌効果はあります。

 

わずかに残ったにおいは、香料が配合されている柔軟剤であればそれでまぎらわすことはできるのですが

「無香料柔軟剤」は香料を使っていないため、においのもとが残っていたら直接的に感じることになります。

 

気になるにおいを感じたままで一日を過ごすなど、想像するのもイヤですよね。

 

「無香料柔軟剤」を選ぶさいは、消臭・除菌効果があるかどうかに注目です。

詰め替えがあるか

柔軟剤は、洗濯のたびに使う消耗品です。

だからこそ、コスパにこだわりたいですよね。

 

柔軟剤がなくなるたびに、ボトルごと買い替えなければならないのは経済的ではありません。

環境保護のためにも、詰め替えがあるかどうかも注目しましょう。

 

また一回あたりの使用量も、考えてみましょう。

 

いくら大容量のボトルだとしても、一回あたりの使用量が多ければすぐになくなってしまいます。

結局は、「コスパが悪い」ということにもなりかねません。

  • ボトル一本で、何回使えるのか
  • 一回分の使用量で、コストはいくらになるのか

 

そんなところまで考えてみるのも、いいかもしれませんね。

「無香料柔軟剤」のオススメ

「無香料柔軟剤」を使ってみたい!と思った方へ、筆者がオススメの商品をご紹介します。

ファーファ フリー&香りのない柔軟剤

かわいらしいクマのキャラクターは、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

この「ファーファ フリー&香りのない柔軟剤」は、その名のとおり香料・着色料・抗菌剤・シリコンが無添加。

 

無香料というだけではありません。

においの少ない原料を厳選した、香りのない柔軟剤なんです。

 

原料のにおいまで極限まで抑えられており、「香りをとことんまでゼロに」というのがコンセプト。

 

ノンシリコンでありながら、植物由来の柔軟成分が配合されているおかげで、肌に優しくフンワリとした仕上がりに。

 

赤ちゃんの肌着やペット用品の仕上げにも、安心して使えます。

ファブラッシュ 柔軟剤無香料

「ファブラッシュ 柔軟剤無香料」は、消臭効果にすぐれた柔軟剤です。

銀イオンが高配合されており、消臭効果が強化されているんです。

 

仕上がりもフンワリ、イヤなにおいを防ぎます。

 

ストッキングやタイツなどもすべりよくはきやすくなり、干すときにもしわが楽にのばせます。

毛玉や毛羽立ちも、防止してくれますよ。

サラヤ ヤシノミ柔軟剤

自然派志向の方に評判の高い、「サラヤ ヤシノミ」シリーズの柔軟剤です。

ヤシノミ由来の柔軟成分が配合されており、子どもの衣類にも安心して使えます。

 

肌触りはフンワリして摩擦が少なく、汗や水分の吸収もしっかり。

 

また環境への配慮がなされていることも、「サラヤ ヤシノミ」シリーズの特徴。

 

洗濯後の排水は、すべて微生物によって分解されます。

地球に悪影響を与えることなく、自然に還っていくんですね。

 

エコな暮らしをめざす方には、ピッタリの柔軟剤ではないでしょうか。

ウルトラダウニー フリー&ジェントル無香料柔軟剤

「ダウニー」と言えば、強めで華やかな香りが有名なシリーズです。

しかし無香料の柔軟剤も、実は存在するんです。

 

香りがない、というだけで仕上がりはダウニーそのまま(当然ですが(^▽^;))

香料・着色料は無添加、ダウニーのよさだけを残したシンプルな柔軟剤です。

 

この商品は濃縮タイプのもので、水65リットルに対し25mlでOK。

コスパがよく、お得感があります。

カネヨ石鹸 抗菌・無香料 柔軟剤

コスパと言えば、この「カネヨ石鹸 抗菌・無香料 柔軟剤」です。

 

というのも、堂々と業務用と謳っているんですね。

それもそのはず、こちらは5㎏入りの大容量。

 

一般家庭での使用なら、かなりの期間購入しないで済むはずです。

 

香料・蛍光剤は無添加、抗菌・防臭効果が高いのもうれしい商品です。

部屋干ししてもにおいがこもることがなく、快適に過ごせますよ。

 

ボトルが大きいので別の容器に移し替えることは必要ですが、専用ノズルがついているので安心です。

「無香料柔軟剤」についてまとめ

香りに敏感な人が増えてきた今、あえて無香料の柔軟剤を使うことも考えてみてはいかがでしょうか。

 

香りを楽しむのはとてもいいことですが、使い続けていくと慣れてしまう可能性もあります。

そうなると、「もっともっと」とエスカレートしてしまうかもしれませんよね。

 

「無香料柔軟剤」が、あなたの選択肢の一つになるとうれしいです。

 

洗濯のときだけじゃもったいない!もっと「粉末の酸素系漂白剤」を活用しませんか?
毎日のお洗濯に欠かせない漂白剤。 なかでも色柄ものにも安心して使える、「酸素系漂白剤」の名前はよく知られていますよね。 しかし「酸素系漂白剤」には粉末タイプと液体タイプがあり、どっちを使えばいいのかわからない人もいるかも...