合成?まさか本物!?「エミレーツ航空」のCMがいろいろと衝撃的すぎる!

突然ですが、筆者はそれなりに齢(よわい)を重ねた大人です(笑)。

 

ですから、マジでビビった!ということは、最近なくなってきたのですが

ある航空会社のCMを見て、心底驚きました。

 

それはアラブ首長国連邦のドバイに本拠地を置く、「エミレーツ航空」のCMです。

 

「私も見たよ!」という方も多いと思いますが、まだご存じない方のために

今回は、アラブ首長国連邦の航空会社「エミレーツ航空」のCMについてホリサゲます!

 

衝撃的な「エミレーツ航空」のCM

まずは、問題の「エミレーツ航空」のCMをご覧ください。

 

美しいフライトアテンダントの女性が、数枚のメッセージボードを私たちに示します。

 

『アラブ首長国連邦がイギリスのアンバーリストになったことは』

『世界の頂上にいるような気持ちになります』

『エミレーツ航空で、良い飛行体験を』

 

およそこのような意味の文章を、紙芝居のように見せてくれているんですね。

アンバーリストとは…新型コロナウィルスに関連して、イギリスでは渡航制限をグループ分けしています。
アンバー(黄色)は、そのグループのなかの一つ。

アラブ首長国連邦はこれまで、レッドリスト(赤色)のグループでした。

渡航制限が緩和されたということで、とてもうれしそうな表情です。

 

一見するとただメッセージを見せているだけのように思えますが、次のシーンでは腰を抜かします!

だんだんとカメラがズームアウトしていくにしたがって、女性がどこにいるのかがハッキリわかるからなんです!

 

なんと地上828メートル、世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」のてっぺん!!

 

合成だと思って見ていた人は、思わず「え!?マジで!?」と言ってしまうのでは。

筆者は、思いきり叫びました(;’∀’)

 

「エミレーツ航空」のCM、驚きのメイキング

世の驚きをさらったこのCM、メイキングも発表されています。

 

女性は「エミレーツ航空」の従業員ではなく、プロのスカイダイビング・インストラクター。(ですよね)

 

高所恐怖症の人にはきわめて恐怖の映像が公開された直後から、問い合わせが殺到したそうです。

 

合成なのか?まさか、本物!?

 

誰もが抱いた疑問に答えるように、「エミレーツ航空」からメイキング映像も発表されたという流れです。

 

これを見たら一目瞭然、実際にブルジュ・ハリファの頂上に登り、合成や特殊な編集を使うことなく撮影が行われたことがわかります。

 

それにしても、いくらスカイダイビングのインストラクターとは言え、こんな笑顔でミッションをこなす女性ってスゴイですよね。

 

撮影にあたっては、何度も何度も入念なトレーニングがくりかえされたそうです。

 

安全性を確保するために、女性が立つ場所には特別な台が設けられました。

上部にポールが取り付けられた、特注の台です。

 

そして女性が着用している会社の制服のなかには、ハーネス(命綱)がしっかり取り付けられていました。

 

「エミレーツ航空」のCMが撮影された、ブルジュ・ハリファって?

合成やCGを使えばどんな映像でも作り出せるこの時代に、並々ならぬ努力で撮影されたCM。

その舞台となったのが、ブルジュ・ハリファです。

 

アラブ首長国連邦のドバイにあり、「世界一高いビル」「世界一階数が多いビル」など

数々の世界一の称号を持つ、ドバイの顔とも言える建物です。

 

過去には、俳優のトム・クルーズさんが映画の撮影で登ったことがありますね。

トレーニングを重ねたスタッフは、撮影当日、満を持してブルジュ・ハリファに向かいました。

 

ブルジュ・ハリファ一般の客は展望台のある124階まで行くことができます。

しかしこのCMの撮影時は、さらにその上まで登る必要がありました。

 

展望台よりもさらに高い160階から階段やはしごを使って、1時間以上もかけて頂上まで登ったんだとか。

夜明け前から始まったブルジュ・ハリファ登頂は、合計して5時間もの時間をかけて成功したのです。

 

さすが、ドバイの「エミレーツ航空」

気合の入り方がハンパないですよね(;・∀・)

 

「エミレーツ航空」のフライトアテンダント役をつとめた女性は?

おそらく、視聴した人の85%くらいが震え上がったと思われるこの映像。(データはありません)

 

笑顔で、ブルジュ・ハリファのてっぺんに立ち続けたフライトアテンダント役の女性は

プロのスカイダイビング・インストラクターで、ニコル・スミット=リュドヴィックという方です。

 

スカイダイビングを教えるかたわら、「世界中を旅するアクティビスト」という顔も持っている女性です。

 

とてもキレイな女性ですよね。

地上828mで、ニコニコとメッセージボードを見せてくれた人とは思えません。

 

いくらスカイダイビングで慣れているとは言っても、さすがに怖いと思うのですが…。

 

「エミレーツ航空」のCMについてまとめ

世界一高いところから、すばらしい景色を堪能したニコル・スミット=リュドヴィックさんは

「これまで自分が行ったなかで、もっともエキサイティングなスタントだった」と語っているそうです。

 

そして「エミレーツ航空」も、「質の良いサービスを提供し、安全性の確保するスタッフたちを体現している」とコメント。

 

「実写でここまでやっちゃうの!?」と、驚くような映像でしたが

撮影には、私たちには計り知れないほどの苦労と努力があったのでしょうね。