【ネタバレなし】「バーニング・オーシャン」のあらすじと見どころについて考察!

この記事では、映画「バーニング・オーシャン」(原題:Deepwater Horizon)のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、映画「バーニング・オーシャン」(原題:Deepwater Horizon)について詳しくご紹介します!

「バーニング・オーシャン」とは

「バーニング・オーシャン」キャスト

マイク・ウィリアムズ(エンジニア):マーク・ウォールバーグ
ジミー・ハレル(マイクの上司):カート・ラッセル
ドナルド・ヴィドリン(石油会社社員):ジョン・マルコヴィッチ
アンドレア・フレイタス(作業員):ジーナ・ロドリゲス
ケイレブ・ハロウェイ(ドリル監視室作業員):ディラン・オブライエン
フェリシア・ウィリアムズ(マイクの妻):ケイト・ハドソン

「バーニング・オーシャン」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:ジェフ・スコール、ジョナサン・キング
プロデューサー:ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、マーク・ヴァーラディアン、マーク・ウォールバーグ、スティーヴン・レヴィンソン 他
監督:ピーター・バーグ
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン、マシュー・サンド
原案:マシュー・サンド

「バーニング・オーシャン」の概要

「バーニング・オーシャン」(原題:Deepwater Horizon)は、2016年に公開されたアメリカの映画作品です。

 

2010年4月、メキシコ湾沖にある❝ディープウォーター・ホライゾン❞と呼ばれる石油掘削施設が爆発。

そのさいに発生した、アメリカ史上最悪の原油流出事故を映像化しました。

 

監督を務めたピーター・バーグさんは、作品のリアリティにこだわり

❝ディープウォーター・ホライゾン❞の細部まで忠実に再現したセットを作り上げました。

 

そのセットの巨大さは、主演のマーク・ウォールバーグさんが「映画史上最大のセットの一つかも」と言ったとも。

 

それもそのはず、❝ディープウォーター・ホライゾン❞は最先端の石油掘削施設であり、146人もの人が生活できるスペースがあったのだとか。

映画館なども完備されていたそうです。

 

本作は、この災害に直面したマーク・ウィリアムズの録音証言から始まります。

 

沖合80㎞の掘削施設に取り残された作業員たちが、決死の脱出を決行するまでのあいだ

どれほどの恐怖をあじわい、どれほどの危険にさらされたのか。

 

実話をもとにした映像だけに、見ている私たちも背筋が凍る思いがします。

 

作品全編に流れるリアリティと緊迫感は、数々の映画祭でも絶賛されました。

第89回アカデミー賞視覚効果賞音響編集賞にノミネートされるなど、高評価を得た作品です。

「バーニング・オーシャン」のあらすじ

2010年4月電気技術士のマーク・ウィリアムズは、妻と娘を残して❝ディープウォーター・ホライゾン❞へ向かいました。

❝ディープウォーター・ホライゾン❞は、メキシコ湾の沖合80㎞に位置する石油掘削施設です。

 

3週間の予定で❝ディープウォーター・ホライゾン❞に滞在するマイクでしたが、現地は安全面での心配が尽きませんでした。

と言うのも、施設では故障などのトラブルが多発しており、問題が山積みだったのです。

 

しかし掘削作業に遅れが出ていたことを懸念した石油会社のドナルド・ヴィドリンは、安全テストなどを省略するよう指示。

必要な工程を省くことで、遅れを取り戻そうとしていたのでした。

 

そんななか、海底からのメタンガスがライザーパイプと呼ばれるパイプを通って噴き上げました。

その影響で、大量の原油が海へ流れ出てしまったのです。

 

さらに噴き上げたガスに引火、施設にいた作業員126名を飲み込むように

❝ディープウォーター・ホライゾン❞は、またたく間に炎に包まれたのでした…!

「バーニング・オーシャン」の見どころ

実話ということもあって、事故の悲惨さが画面を通して伝わってきます。

ストーリーやキャラクターにも、真の説得力がありました。

 

施設に取り残された作業員たちが、「必ず生きて帰る」と心を一つにするところがすばらしいと思いました。

 

安全面で不安がある現場の作業員たちと、利益が最優先の企業側。

その見事なまでの「人災が起こるべくして起こる構図」が、ハッキリと目に見えておもしろかったです。

 

アメリカ史上最悪と言われるほどの、❝ディープウォーター・ホライゾン❞の事故。

監督や演者が、事実に基づいて余すことなく表現しようとしている姿勢が感じられました。

 

つまり、「ヒーローもの」でも「パニックもの」でもないドキュメンタリーのような淡々さに好感を持ったのです。

 

えてしてこういった内容の作品は、どのどちらかに振り切ってしまうことが多いのですが

本作は事故の悲惨さがつくづくわかって、こちらまで考えさせられるストーリーになっています。

「バーニング・オーシャン」についてまとめ

アメリカ人のみならず、この事故を覚えている人は多いと思われます。

 

恐ろしい悲劇であり、糾弾すべき人災であり、環境破壊でもありました。

 

作品では事故後のことには言明していませんが、これからも忘れてはいけない事故だと思います。