【ネタバレなし】ブルース・ウィリス主演「デス・ウィッシュ」のあらすじ・見どころが気になる!

この記事では、映画「デス・ウィッシュ」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、映画「デス・ウィッシュ」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「デス・ウィッシュ」とは

「デス・ウィッシュ」キャスト

ポール・カージー(外科医):ブルース・ウィリス
フランク(ポールの弟):ヴィンセント・ドノフリオ
ルーシー(ポールの妻):エリザベス・シュー
ジョーダン(ポールとルーシーの娘):カミラ・モローネ
ケビン・レインズ(シカゴ警察刑事):ディーン・ノリス
レオノーレ・ジャクソン(刑事):キンバリー・エリス
ベン(ポールの義父、ルーシーの実父):レン・キャリオー

「デス・ウィッシュ」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:イロナ・ヘルツバーグ
プロデューサー:ロジャー・バーンボーム
監督:イーライ・ロス
脚本:ジョー・カーナハン
撮影:ロジャー・ストファーズ
音楽:ルドウィグ・ゴランソン
原作:ブライアン・ガーフィールド

「デス・ウィッシュ」の概要

「デス・ウィッシュ」は、2018年3月2日にアメリカ・カナダ・インドなど世界各国で公開されたアクション映画です。

日本でも2018年10月19日に公開され、1億5100万円の興行収入を記録しています。

 

本作は、エドガー賞を受賞したアメリカの小説家ブライアン・ガーフィールドさんの同名小説をもとに製作されました。

 

ブルース・ウィリスさん主演の本作は、「デス・ウィッシュ」シリーズとしては第6作目にあたります。

過去に発表された「デス・ウィッシュ」から「デス・ウィッシュⅤ:死の顔」までは、チャールズ・ブロンソンさんがポール役を務めました。

 

ブロンソン版とはキャラクターの設定や時代背景も違っているので、一本の独立した作品と思ったほうが良さそうです。

 

しかしリメイクされた映画とは言っても、原作小説の雰囲気はそのまま

しかもところどころに、ちょっとしたユーモアも含まれています。

 

ただ暴力シーンがあるため、本作はR-15指定となっています。

スポンサーリンク

「デス・ウィッシュ」のあらすじ

争いごとが嫌いな穏やかな性格のポール・カージーは、妻ルーシーと娘ジョーダンとともにシカゴで暮らしていました。

 

優秀な外科医として病院に勤務し、娘の大学進学が決まってようやく一息つけるところだったカージー一家。

ところがポール不在のとき家に強盗が押し入って銃を発砲、ルーシーは命を奪われジョーダンは意識不明の重体に。

 

警察が捜査を始めますが、アメリカでも発砲事件の多いシカゴでは犯人の手がかりがほとんどありませんでした

 

ポールルーシーの葬儀のため、実家のあるテキサスを訪れます。

そこで牧場主である義父ベンが、密猟者を発見して躊躇なくライフルを撃つ姿を目の当たりにしました。

 

「警察は来るのは事件の起こったあと、手遅れになってからだ。大切なものは自分で守らなければ。」

 

ベンのことばを、やりきれない気持ちで聞くポール

 

そんななか捜査の進捗状況をたずねに警察へ行ったポールは、レインズ刑事の部屋に貼ってある事件ファイルを目にします。

そこには掲示板に貼りきれないほどの、多くの発砲事件のメモがありました。

 

ある日病院に運び込まれたチンピラの手から、拳銃が滑り落ちます。

ポールは思わずその銃を自分のポケットに隠し、“ある決意”をしたのです…!

スポンサーリンク

「デス・ウィッシュ」の見どころ

犯罪が多発する街シカゴ。

警察の捜査も限界があり、カージャックやクスリなど軽い犯罪は(決して軽くはありませんが)見逃されている状況です。

 

ポールの家族が被害にあった事件も、この街では日常的に起こることで警察にもなすすべがないのです。

 

そんななか街にはびこる悪人たちを銃で撃つ、「シカゴの死神」が生まれます。

彼が悪人たちを懲らしめる動画がネットで流れるようになると、世論が紛糾。

 

「シカゴの死神」悪を正し街を守る自警活動なのか、それとも単なる殺人者なのか…。

 

劇中では肯定的な意見が多かったのですが、おそらく街の住民もどうにかして犯罪を抑え込みたいと願っていたからでしょう。

 

警察はあてにはならない、自分たちで守らなければならない。

そう、ポールの義父が言っていたことそのものなんですね。

 

悪事や無秩序に対して、自分はなんと無力なのだろうかと感じる人は多いかもしれません。

本作はその代替として、私たちにスリルをもたらしてくれます。

 

道徳的な問題は横において、悪人を成敗する「シカゴの死神」にカタルシスを感じられるかも…。

スポンサーリンク

「デス・ウィッシュ」についてまとめ

初めて銃を撃つポールが、慣れていないために左手をケガしてしまうシーンがあります。

視聴者からするとジョン・マクレーンのイメージが強いので(笑)、銃くらい簡単に撃てるでしょ?などと思ってしまうんですよね(^▽^;)

 

ルーシー役を演じるのは、エリザベス・シューさん。

「CSI:科学捜査班」フィンレイ捜査官役が印象的でした。

 

またジョーダン役のカミラ・モローネさんはモデル出身の俳優ですが、レオナルド・ディカプリオさんの恋人としても有名ですね。

まことにおきれいな方です♡