「コーンホール」はアメリカの楽しいゲーム!気軽に始められるスポーツです!

あなたは、アメリカの人気ゲーム「コーンホール」を知っていますか?

 

性別・年令問わず、誰もが楽しめる屋外のゲーム「コーンホール」

プレイする人も観戦する人も、みんなが笑顔になる人気パーティーゲームなんです。

 

実はアメリカではかなりポピュラーなゲームで、自宅や公園で楽しむ人もいれば、リーグ戦まで開催されているとのこと。

 

この「コーンホール」、日本ではあまり知られていませんよね?

 

今回は、アメリカの人気ゲーム「コーンホール」をホリサゲます!

 

「コーンホール」って何だろう?

「コーンホール」とは、その名のとおりトウモロコシの粒を詰めた包みを、離れた板めがけて投げて点数を競うもの。

 

包みの重さは約450g、目標とする板までの距離は8m20cmほど。

 

板をめがけて投げられた包みの位置や動きで、点数に差が生まれます。

包みが穴に入ればもっとも高い点数が得られ、板に包みが乗っただけでも加算されます。

「コーンホール」のルールが知りたい!

「コーンホール」はチーム対戦型ゲームです。

通常は4人ずつ2チームに分かれて対戦しますが、1対1でも白熱したゲームができますよ。

 

ラウンドごとに1チームが投げられるトウモロコシの包み(バッグ)は4つ。

そのバッグを対戦チームが交互に板に向かって投げ、得られた点数を競うのです。

得点の数え方

・投げたバッグが、板に乗る→1点
・板に開けられた穴(ホール)に入る→3点
・相手のバッグを板の外に落とす→相手側が1点減点される

両チーム4投ずつ投げ終われば、1ラウンドの終了。

このなかでの得点差で、できるだけ早く21点を取ったチームが勝ち、となります。

 

例えばAチームが12点(3点×4投=12点、つまり満点ということ)を獲得したと仮定します。

対戦相手Bチームは、8点しか獲得できませんでした。

 

そうすると、12点から8点を引いた4点がAチームのポイントとなり、Aチーム4×Bチーム0というスコアで次のラウンドへ。

 

このスコアを早く21にした方が勝利する、というルールというわけです。

このルールはゲーム用です。
公式戦では、少し違う「キャンセレーションシステム」というルールが適用されているそうです。

 

「コーンホール」をプレイしてみたい!

日本でも「コーンホール」人口は増えてきている

シンプルで、気軽に始められる「コーンホール」

 

実は日本にも日本コーンホール協会という団体があり、「コーンホール」を楽しんでいる地域があるそうです。

興味を持った人は、問い合わせてみてくださいね。

 

  • バッグを投げるだけ!
  • たくさんの道具をそろえなくていい!
  • ルールも簡単でわかりやすい!

 

平らな地面があれば、自宅の庭でも公園でもすぐに始められる「コーンホール」ですから

これからはもっと、人気が高まってくると思います。

 

アウトドアのレジャーで、みんな一緒にプレイしてみましょう!

「コーンホール」を始めるために必要なもの

「コーンホール」をプレイするのに必要なものは、たった2つ。

  • 目標とする、穴(ホール)の開いた板2枚
  • 1チームあたり4つのトウモロコシの入った包み(バッグ)

これだけです。

 

板を8mほど離して設置して、チームの2人ずつが板の脇に立ちます。

先攻・後攻を決めこちらから向こうの板へ投げ、終わったら向こうからこちらへバッグを投げる、という形になります。

 

「コーンホール」についてまとめ

「コーンホール」は、ルールや使う道具はシンプルですが

バッグを、正確に穴(ホール)に投げ入れる技術が必要です。

また相手のバッグを落とすなど、細かい戦略も必要なゲーム。

 

簡単そうに見えて、なかなか奥が深いスポーツだと思いませんか?

 

今後日本でも、人気が出る可能性を秘めたスポーツではないでしょうか。

 

「パックラフト」が今、ひそかな人気なんだって!ところで「パックラフト」って何だろう…??
今、「パックラフト」というアクティビティが人気なんだとか。 筆者の知人が体験し「これはハマる!」と興奮していたこともあって、とても気になる話題です。 アウトドア界でひそかなブームになっているという「パックラフト」...