名匠「アラン・パーカー」監督逝去!代表作は?印象深い作品は?

映画 監督
スポンサーリンク

イギリスの映画監督「アラン・パーカー」氏が、亡くなったとのこと。

アメリカアカデミー賞監督賞に二度ノミネートされ、世界的に高い評価を受けていた人です。

 

パーカー氏が残したものは、誰もが一度は耳にしたことがある名作タイトルばかり。

非凡な才能はイギリス映画界だけではなく、世界中に大きな貢献をしました。

 

パーカー氏の経歴と代表作品、そして(個人的に)もっとも印象深い作品を紹介します。

 

今回は、映画監督「アラン・パーカーとその作品たち」についてホリサゲます。

スポンサーリンク

「アラン・パーカー」とは

アラン・パーカー氏は1944年にイギリスで生まれ、のちに映画監督、脚本家、映画プロデューサーとして活躍した人です。

 

ロンドン出身のパーカー氏は、60年代からコピーライターとして活動していました。

 

70年に友人であるデヴィッド・パットナム氏が制作した「小さな恋のメロディ」の脚本を手がけたことから、映画の道に。

 

劇場映画デビュー作品は、76年の「ダウンタウン物語」です。

この作品が大好評を得て、次作「ミッドナイト・エクスプレス」も大成功。

 

アカデミー賞で6部門にノミネートされます。

 

そのなかで2部門を受賞、名匠としての地位を確たるものとしました。

 

その後イギリス映画協会の会長を務め、女王からナイトの爵位も受けます。

テレビ映画の制作も精力的におこない、74年にはBBCのテレビ部門賞を受賞。

 

パーカー氏は、アカデミー賞監督賞を受賞することはありませんでした。

しかし世に送り出した作品は、アカデミー賞とゴールデングローブ賞をそれぞれ10回受賞しています。

 

5人の子ども、7人の孫がいるとのことですが、近年は闘病生活を送っていました。

そして惜しまれながら、2020年7月、76歳でこの世を去りました。

「アラン・パーカー」の代表作は

ミッドナイト・エクスプレス

アメリカ人旅行者のビリー。

トルコで麻薬所持と密輸の罪でつかまり、投獄されることに。

4年の刑期だったはずが、裁判のやり直しで30年に延びてしまう。

刑務所の仲間から、「ここに入ったら半病人になるか、脱獄するか、だ」と言われ、脱獄を決意する。

 

【新品】 ミッドナイト・エクスプレス AE [DVD]

価格:3,980円
(2020/10/16 13:12時点)
感想(0件)

 

フェーム

ニューヨークの音楽専門学校を舞台に、パワーを爆発させる若者たちを描いた青春映画。

複数の生徒たちそれぞれにエピソードがあり、軌跡を追っていく。

熱いダンスのシーンは、圧巻の一言。

 

フェーム 特別版 [ アイリーン・キャラ ]

価格:1,100円
(2020/10/16 13:13時点)
感想(1件)

 

エビータ

アルゼンチンの貧しい家庭に生まれたエバ。

女優になるという野望をもち、ブエノスアイレスに上京するも芽は出ず。

あるカメラマンの愛人となり、そこから地位の高い男に乗り換えながら次第にのし上がっていく。

そして、とうとうファーストレディの名誉を手に入れるのだが…。

主人公を演じたマドンナの演技力と歌唱力が、大きな注目を集めた。

 

【輸入盤CD】Madonna (Soundtrack) / Selections From Evita (マドンナ)

価格:1,790円
(2021/1/1 13:45時点)
感想(1件)

 

 

 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

婦女暴行殺人の罪で、死刑が確定した死刑制度反対論者の男。

彼に指名され、最後の4日間を取材することになった女性ジャーナリストがたどりつく真相とは。

真実とは何かを問う、社会派サスペンス作品。

2003年に公開されたこの作品が、パーカー氏の最後の映画となった。

 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [ ケイト・ウィンスレット ]

価格:1,179円
(2020/10/16 13:15時点)
感想(0件)

「アラン・パーカー」の作風

パーカー氏の代表作「フェーム」からもわかるように、彼は「映像と音楽の達人」と言えます。

 

社会派ヒューマンドラマも得意なパーカー氏ですが、やはり音楽がカギとなる作品が多いです。

 

映像の美しさと音楽の盛り上がりが一体となって、見る人の高揚感を高めていく。

その洗練された手法は、パーカー氏ならではのもの。

 

並ぶものがいない「映像+音楽」の才能。

それは、パーカー氏が手がけた最初の作品「小さな恋のメロディ」に原点があるのでは、と感じます。

「アラン・パーカー」のもっとも印象深い作品

個人的な意見ですが、パーカー氏のもっとも印象深い作品は「エンゼル・ハート」だと思います。

 

小さな恋のメロディ」や「フェーム」からは想像できないような、どす黒さ。

しかしホラーでありオカルトでもありながら、やはりその映像美に目を奪われます。

 

もう30年以上前の作品ですが、今見ても、スタイリッシュな仕上がりで古さは感じさせません。

当時、劇場で観た人はかなりの衝撃を受けたのではないでしょうか。

 

そして映像からわき上がってくる、言いようもない理不尽さと不安感。

 

主演のミッキー・ロークとロバート・デ・ニーロの色気とあいまって、ダークでありながら美しいのです。

 

人間には、知ってはならないことがある

この作品のキャッチコピーです。

 

しかし人は、「過去に何をしたか、知らなくてはいけない」のだと思います。

エンゼル・ハート【動画配信】

価格:324円
(2020/10/16 13:18時点)
感想(0件)

「アラン・パーカー」まとめ

「エビータ」にパーカー氏とともに制作にたずさわったアンドリュー・ロイド・ウェバー氏は言います。

「映画の音楽を真に理解していた数少ない監督の1人だった」と。

パーカー氏を知る人たちはすべて、彼の才能に畏怖の念を抱いていました。

人間の心を深く抉る感覚を表現できる人、アラン・パーカー監督。

早く逝ってしまわれたのが、残念でなりません。

 

どうか安らかに、そしてお疲れ様でした。

 

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします♪
気になることをホリサゲます!
スポンサーリンク
今日もホリサゲ!