日本アカデミー賞俳優「寺尾 聰」が出演した意外な映画作品ベスト5!

これまで日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を、二度受賞している「寺尾 聰さん」

 

物腰柔らかで人の良いオジサマを演じさせたら、並ぶものはいないと言われる名優です。

 

お父さまは演劇界の重鎮といわれた、故・宇野 重吉さん。

親子そろって、「演じること」のすばらしさと難しさを教えてくれていますね。

 

そんな「寺尾 聰」さん、過去には「え?」と思うような作品にも出演しています。

 

現在とはまったく違う役柄で、見る人を意外に思わせた映画ベスト5をピックアップしました。

 

ファンの人もそうでない人も、「こんな映画に出演していたんだ⁈」と驚いてくださいね(笑)

 

今回は、「寺尾 聰さんが出演した意外な映画作品ベスト5」についてホリサゲます!

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品」第5位

キャッツアイ実写

出典:Amazon

キャッツ・アイ

1997年公開の映画です。

 

北条 司さんの原作をもとに、監督・林 海象さん、脚本・土屋 斗紀雄さんで実写化されました。

 

怪盗三姉妹の活躍と、彼女たちを捕まえることに執念を燃やす警察を描いています。

しかも三姉妹たちが盗みを重ねるのには、悲しい過去があったからで…。

 

長女・泪は藤原 紀香さん、次女・瞳は稲森 いずみさん、三女・愛は内田 有紀さんが演じています。

原作とは違い、この作品は三女・愛が中心となってストーリーが展開。

 

「寺尾 聰さん」三姉妹の父親である黒田 龍太郎を演じました。

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品」第4位

喜劇男は愛嬌

出典:Amazon

喜劇 男は愛嬌

1970年公開の、笑って心もホンワカとさせる、さすがと言わせる森崎 東監督の喜劇です。

 

「喜劇女は度胸」「男はつらいよフーテンの寅」につづく、三部作とも言えるなかの一作。

渥美 清さんの人情味あふれる下町育ちの男性の人物像は、この映画から生まれたと言われています。

 

このなかで「寺尾 聰さん」は、渥美 清さん演じるオケラの五郎の弟・曽我 民夫を演じています。

 

遠洋漁業の船に乗り、年に数えるほどしか自宅に帰ってこない五郎

地元で司法保護司をつとめる、まじめな民夫

 

正反対の性格の二人は、ふらりと現れた春子(倍賞 美津子さん)を巻き込んで大騒動を起こします。

 

 

喜劇 男は愛嬌/渥美清 倍賞美津子 寺尾聡 沖山秀子【中古】【邦画】中古DVD

価格:1,000円
(2020/10/10 16:10時点)
感想(0件)

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品」第3位

出典:Amazon

チョットだけョ全員集合!!

1973年の作品です。

 

ザ・ドリフターズの映画は多くありますが、これは第16作目

なんと「男はつらいよ寅次郎忘れな草」と同時上映でした。

 

ドリフターズの面々が、ある病院の医師や看護師に扮し珍騒動を巻き起こします。

ふとしたことで知り合った億万長者の財産を目当てに、メンバーたちがあれこれ悪知恵を。

 

「寺尾 聰さん」の役はマドンナ役の小鹿ミキさん演じる”あやめ“の恋人・矢代 五郎

 

無心で笑える、古き良き喜劇です。

電車の中で会津磐梯山の替え歌をドリフのみんなで歌ってるのが良かった
あの場面だけでみんなの関係性が見えるようだった、カメラワーク含めて好きだなぁと思って何回か見返した

引用元:TSUTAYA チョットだけヨ全員集合!!のクチコミ・レビュー

「チョットだけヨ全員集合!!」を今すぐ「Hulu」で見る!!↓↓

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品」第2位

テイクイットイージー

出典:Amazon

テイク・イット・イージー

今も最前線で活躍する吉川 晃司さんの、出演映画「青春三部作」のなかの第三作目

「すかんぴんウォーク」(1984年)「ユー★ガッタ★チャンス」(1985年)につづく作品です。

 

吉川 晃司さんが自身を投影した民川 裕司が主人公。

 

世界的アーティストをめざす若き裕司が、自分探しの旅に出ます。

旅先で出会う人々に影響を受けながら、やがて大きな転機を迎える、というストーリー。

 

このなかで「寺尾 聰さん」は、裕司をあたたかく見守るカフェのマスター・池谷 浩一を演じています。

 

このマスター、実は昼は警官、夜はカフェのマスターという二重生活。

 

その設定もなかなかですが、アクションありウェスタン風味あり、なんと銃撃戦まであり!

「無国籍映画」と言えるかもしれませんね。

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品」第1位

モスラ(1996)

1996年に公開された、平成モスラシリーズの第1作目にあたります。

 

過去のモスラとは違い、怪獣どうしの闘いや都市の破壊などは排除。

ファンタジー要素が盛りだくさんの内容となりました。

 

自然・森林保護など、地球環境に関することがテーマ。

 

モスラはその名のとおり、大きい蛾がモデル。

姿がかわいい(?)ことから、女性人気も高いキャラクターだそうです。

 

「寺尾 聰さん」はこのなかで、医者を演じています。

はい、「医者」です。

 

役名さえありません(笑)

 

一瞬しか映らないので、「え?出演していたの?」と言う人がほとんどではないでしょうか。

「モスラ(1996)」を今すぐ「U-NEXT」で見る!!↓↓

 

 

モスラ(1996年度作品)〈東宝DVD名作セレクション〉/小林恵[DVD]【返品種別A】

価格:2,100円
(2020/10/10 16:14時点)
感想(0件)

「寺尾 聰が出演した意外な映画作品ベスト5」についてまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

maaki(@tvtttbat)がシェアした投稿

いかかでしたか?

 

シブくてかっこいい「寺尾 聰さん」

これまで出演した映画は、数えきれないほど。

しかもそれらの作品は、すべて名作ぞろいでした。

 

でも歴史をひも解いてみると、こんなにも意外な作品に出演していたんですね!

 

主演映画は、2009年「さまよう刃」を最後に制作されていません。

 

次の作品が楽しみですね♪