【ネタバレなし】アーノルド・シュワルツェネッガー主演「アフターマス」とは?

この記事では、映画「アフターマス」のあらすじと見どころについてまとめています。

 

「ネタバレ」はありませんので、最後まで安心してお読みくださいね(^^♪

 

それでは、映画「アフターマス」について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

「アフターマス」とは

「アフターマス」キャスト

ローマン・メルニック(建設会社現場監督):アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェイコブ・”ジェイク”・ボナノス(航空管制官):スクート・マクネイリー
クリスティーナ(ジェイクの妻):マギー・グレイス
サミュエル(ジェイクとクリスティーナの息子):ジュダ・ネルソン
テッサ・コルベット(ジャーナリスト):ハンナ・ウェア

「アフターマス」スタッフ

エグゼクティブプロデューサー:マーティン・ブレンコウ、ハビエル・グヨン、ライアン・S・ブラック
プロデューサー:ダーレン・アロノフスキー、ピーター・ディールバート、ランドール・エメット 他
監督:エリオット・レスター
脚本:ハビエル・グヨン
撮影:ピーテル・フェルメール
音楽:マーク・D・トッド

「アフターマス」の概要

「アフターマス」は、2017年にアメリカ・カナダ・イギリス・ベトナムなど十数か国で公開されたスリラー映画です。

日本でも同年9月16日に公開されました。

 

本作は2002年7月に起きた、ユーバーリンゲン空中衝突事故にまつわる殺人事件を題材にしています。

 

予期せぬ航空事故で、突然妻子を奪われてしまったローマン・メルニック

やり場のない彼の悲しみと怒りは、想像もつかないところへ向かっていきます。

 

家族を愛し、家族が人生のすべてだったローマンのやるせなさは、見る者の心に深く刺さります。

 

ローマン役を演じたのは、アーノルド・シュワルツェネッガーさん。

かつては肉体派で知られた俳優ですが、70歳を超えて本作のような枯れた役柄も似合うようになりました。

 

目と声だけでローマンの気持ちを表現した、アーノルド・シュワルツェネッガーさんの抑えた演技。

思わず引き込まれてしまう作品です。

スポンサーリンク

「アフターマス」のあらすじ

建設会社の現場監督として働くローマン・メルニックは、ニューヨークからやってくる妻と娘を出迎えに空港へ行きました。

 

ところがそこへ、妻子が乗った飛行機が上空で衝突事故を起こしたという驚がくのニュースが飛び込んできます。

呆然とするローマン、空港の係員のことばも耳に入りませんでした。

 

この事故は航空管制官ジェイコブ・ボナノスの勤務中に発生、彼の目の前で二機の旅客機がレーダーから消失したのです。

 

同僚が休憩時間だったためジェイクはふたり分の仕事を余儀なくされ、電話回線がメンテナンス中のため使用できず。

そんな不運のなかで起きた衝突事故だったのでした。

 

事故調査委員会がジェイクの責任を問うことはありませんでしたが、彼は自分を責め続けました

 

そんななか、ローマンはボランティアとして飛行機が墜落した現場に入り、妻と娘の遺体と遺品を回収。

事故を未然に防げなかった航空会社と担当管制官に、強い怒りを抱くようになります。

 

一方、愛する妻子ともすれ違うばかりの関係になってしまい、ジェイク家族は町を離れて生活することに。

 

一年後、仕事も名前も変え別人になって暮らしていたジェイクのもとへ訪問者がやってきたのでした…。

スポンサーリンク

「アフターマス」の見どころ

「アフターマス」は、実際に起こった飛行機事故を扱った映画です。

とても興味深いストーリーだと思いました。

 

と言うのも、事故そのものではなく事故のあとに残された人々に焦点を当てているからです。

 

「アフターマス」は、“余波”という意味。

衝撃的な航空事故からもたらされる悲劇と復讐について、見る人は考えなくてはなりません。

 

ローマンの悲しみと喪失感、そして怒り。

それらを表現するアーノルド・シュワルツェネッガーさんのパフォーマンスは、とても深いものがありました。

 

おそらくローマンは、事故関係者からの謝罪のことばが欲しいだけだったのでは。

心からの謝罪を聞いたら、きっと悲しみも怒りも昇華できていたはずです。

 

しかしこのような事故が起きたとき、「謝罪会見」などを開いて関係者一同頭を下げるなど日本以外では考えられません。

 

ローマンが航空会社の顧問弁護士と話すシーンで、すぐに慰謝料の金額を提示したのはいかにもアメリカらしいと感じました。

 

「いやいや、ローマンさんが欲しいのはお金じゃないんだよ!」

と思わず画面に突っ込んでしまったんですよね(^▽^;)

 

人間が大きな悲劇に直面したとき、どのように対処できるのか、またはできないのか

この物語は、私たちにそれを問うています。

スポンサーリンク

「アフターマス」についてまとめ

ちょい役(ローマンの上司役)で、グレン・モーシャワーさんが出演しています。

「24」「レジデント 型破りな天才研修医」などドラマ出演が多い俳優ですが、登場シーンでは場が締まりますね。

 

あとニュースキャスター役を演じるヨランダ・ハリスさんは、撮影が行われたオハイオ州コロンバスで有名なジャーナリストだそうです。

スポンサーリンク

「アフターマス」をフル動画で見るには?

この作品を全篇見たいけど、どうしたらいいかしら…。

「アフターマス」、DVDやBlu-rayで見るのもいいのですが、動画配信サービスの視聴がおすすめです。

なかでもおすすめなのは、31日間の無料トライアルがあるU-NEXTです♪

 

 

U-NEXTがおすすめのポイントは?

  • 動画25万本、見放題動画22万本レンタル動画3万本を配信!(2022年4月時点)
  • 月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 600円分のU-NEXTポイントをプレゼント!
  • 無料期間後は月額2,189円(税込)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!
  • ジャンルが充実!
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
動画共有サイトや海外のサイトで無料で見られる場合もありますが、画質や音質が悪くフルに視聴できないことが多いです。その上、ウィルス感染のリスクも高いです。公式の動画配信サービスを利用するほうが、安心して視聴できます。
U-NEXTで、安全に「アフターマス」を視聴しましょう。
※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。
「アフターマス」見るならU-NEXTで!

 

 

本ページの情報は2022年4月21日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。